長い目で見て破局に繋がりにくい生涯のパートナーを選ぶには

離婚理由などから見る「後悔しない結婚相手」の選び方

現実的な観点や主な離婚理由から「後悔しない結婚相手の選び方」を解説!

後悔しない結婚相手の選び方と主な離婚理由のページ内容

 

ここでは、

人生の一大イベントでもある「結婚」をテーマに、
後悔しない結婚相手の選び方などを
アドバイザー目線で解説していきます!

 

意外と多くの方々が
結婚と恋愛を同じ感覚で捉えていますが、
確かに延長線上にはあるのは間違いないものの、
その性質は似ているようで全く別物です。

 

そこで今回は
「何を基準に選ぶべきか」というポイントや
「主な離婚理由」などにも触れながら、
失敗しないためのアドバイスをお届けしたいと思います!


 

結婚相手は何を基準に決めるべき?

疑問に首をかしげる女性

恋愛の話をする時、

最終的なゴールとして
「結婚」の二文字は
必ずと言っていいほど登場します。

 

 

もちろん、
結婚が全てではありませんが、
意識している方もきっと多いですよね!

 

 

では、様々な観点から見た時、
長く幸せな結婚生活を送るには
何を重視して結婚相手を選ぶのが理想なのでしょうか?

 

 

実際に「交際相手との結婚」を考える時はもちろん、
「婚活などを通して相手を探す」場面では、
意識無意識に関わらず
何かしらの基準が存在しています。

 

 

それは

  • 恋愛感情の大きさ
  • 仕事や収入面
  • 将来や子供に対する考え

など、人によっても様々ですが

 

 

実は結婚を基準で考えた時に
基準として最重要になるのは、
安心感と自然体で過ごせる居心地の良さです!

 

 

というのも、
当たり前の話にはなってしまいますが、
結婚は恋愛とは性質が異なり
「何十年と一緒にいる」ことが前提になります。

 

 

また、一部の例外を除けば

  • 常に一緒に生活をする
  • 様々な問題と一緒に乗り越える

といった状況になってくるため

 

 

変化する可能性のある
「感情」や「生活水準」などといった条件よりも、
お互いに無理なく一緒にい続けられるかどうか
何よりも大切になってくるのです!

 

 

実際に恋愛のアドバイザーとして、
「結婚相談所の仲人さん」や
「婚活コンサルタント」の方と
意見交換などをすることがあるのですが

 

 

実はこれらの現場の裏話をすると、
結婚に繋げられるかどうかではなく、
離婚に繋がるリスクをいかに低くできるかを基準
に、
相手選びのサポートやアドバイスをしていきます。

 

 

これはなぜなのかと言うと、
意外と勘違いをしている方も多いのですが、
現実問題として結婚をすることよりも、
安定した結婚生活を維持する方が遥かに難しいから
です。

 

 

もちろん、
好きな人と結婚ができて、
その先もお互いが幸せであれるなら
それに越したことはありません。

 

 

ですが、現実的に見れば
恋愛は好きという気持ちだけで出来ても、
結婚は好きだけでは成立しないものです。

 

 

そういった意味では、
恋愛的な刺激を求めるよりも
「穏やかな気持ちで一緒にいられる人」を選んだ方が、
実は後悔しにくいということも覚えておきましょう!

 

 

世の中の離婚理由TOP3

割れてしまったハート

ただ、世の中には

「結婚しよう!」と思える
相手を見つけてゴールインしても、
その後別れてしまう人たちもたくさんいます。

 

 

とは言っても、
世界的に見て
日本は特別離婚率が高いわけではないため、
あまり気にしすぎる必要はありませんが

 

 

実際に行政が発表している
「離婚件数」のデータを見てみると、
年間およそ20万組が離婚をしている
というのも日本の実情なのです。

 

 

そのため、これから
結婚や再婚に向けて
結婚相手を選ぼうと思った場合、
「主な離婚理由」を知っておくことも実は重要になります。

 

 

今回は様々な離婚理由の中でも、
「最も離婚に繋がる割合が高い理由」を
3つピックアップしてお伝えするので、
頭の片隅には入れておきましょう!

 

 

性格や価値観の不一致

日本の離婚理由のうち
最も割合として高いのが、
この「性格や価値観の不一致」によるもの。

 

 

もちろん、いくら夫婦とはいえ
他人であることには変わりはないため、
必ず大なり小なりは合わない部分が出てくるのが普通です。

 

 

ただ、結婚をした場合、
必然的に「一緒にいる時間」が多くなり、
良くも悪くも様々なことを
共有しながら生活することになるため

 

 

  • 性格や考え方の一部が受け入れられない
  • 価値観や感覚、習慣が異なる
  • 今まで知らなかったマイナスな面が出てくる

などといった部分から不満や負担は蓄積しやすいもの。

 

 

最初は良くても
次第に耐え切れなくなって爆発するケースは多いので、
話し合いや意見の共有がしっかり出来る人を選ぶのも
結婚相手を選ぶ上では大事なポイントになります!

 

 

浮気や心変わりなどの異性関係

離婚理由と聞くと
真っ先にこれが思いつく人も多いかもしれませんが、
やはり異性関係のトラブルについても
離婚に繋がっているケースは多々あります。

 

 

ただ、勘違いをしている方も少なくありませんが、
実はデータを見ていくと
離婚にダイレクトに繋がっているのは、
男性ではなく女性側の異性関係の方が多いです。

 

 

というより、なんとなく日本では
「浮気は男性がするもの」という
認識が強くあるものの

 

 

実際の割合で見ると

  • 男性はバレやすい
  • 女性はバレにくい

というだけで、件数的にはほぼ同じくらいなのです。

 

 

異性絡みのトラブルに関しては
様々な原因があるので一概には言えませんが、
日頃から感謝や理解、気遣いを忘れない人を選ぶ
安定しやすい傾向にあるので覚えておきましょう!

 

 

モラハラや金銭面などによる精神的ストレス

ここ最近になって
メディアで取り上げられることも増えましたが、
様々な形での精神的ストレスによって
離婚に踏み切るケースもかなり多くあります。

 

 

具体例としては

  • 暴言や否定などの精神的なDV
  • 生活費や交友費を極端に絞る
  • 監視や束縛などで動きを制限する

などといったもの挙げられますが

 

 

どうしても家庭内の問題は
逃げ道がなく周囲の力も借りにくい状況になるため、
ここから一気に関係が壊れて
離婚に発展することも珍しくはありません。

 

 

ただ、ここで注意をしておくべきことは、
自分自身が何気なくしたことや
自分の中の常識を押し付けることで、
無自覚にこちらが加害者側になっていることもあるということ。

 

 

例えばですが

  • 旦那さんの付き合いなどを阻害する
  • 自分本位や意地になって非を認めようとしない
  • 連絡等の強要や嫉妬などによる圧力をかける
  • 感情的な発言や行動を繰り返す

などといったことをしてしまえば

 

 

自分もモラハラ扱いをされる危険性があるため、
お互いに嫌なことや不満を素直に言える相手を選ぶ
という意識を持っておくことも、
実は結婚相手を決める時には大切ですよ!

 

 

少し長くなってしまいましたが、
実はここでお伝えした理由は
全体の離婚理由の半数程度を占めているほど、
トラブルになりやすいものでもあります。

 

 

最初からこれら全てを判断することはできませんが、
どんな時でもコミュニケーションを取り合えることは
結婚生活を維持する上では欠かせないポイントなので、
ぜひ相手選びの際の基準には入れておきましょう!

 

 

失敗しない選び方をする上でのポイント

彼氏に愛されている彼女

それではここからは、

「失敗しない選び方」を
もう少し恋愛的な視点から
お話していきたいと思います。

 

 

よく相談の中では
「この人と結婚をしたら・・・」
という話が出てくるのですが

 

 

相手選びで失敗をしたくないのなら、
その人と結婚をすることによって
何が得られるのかを前提に考えるのは原則NGです!

 

 

もちろん結婚は、
生涯を共にすることを前提としているため、
ある程度ステータスに目が行くのも仕方がないとは思います。

 

 

そのため

  • 学歴や年収
  • 生活の水準や環境

といったものを気にすることが間違いとは言いません。

 

 

ただ、長い目で見た場合、
ステータスを基準にすると後悔する確率が高まります。

 

 

これはなぜなのかと言うと、
例えば「年収」や「生活水準」というのは
状況が変われば簡単に一変しますし、
「学歴が高い=成功する人」なわけでもありません。

 

 

また、万が一
ある種の「損得」で結婚を考えてしまっていれば、
それは相手側の男性から見れば
「利用されているだけ」とも捉えられかねないのです。

 

 

綺麗ごとだと思われるかもしれませんが、
結婚をする上で本当に大切なのは
その人と結婚をして何が得られるかではなく、
その人のために自分がどこまでしてあげようと思えるかです。

 

 

一般的な恋愛とは異なり、
結婚生活はその先何十年と続いていきます。

 

 

もちろん、その中では
変化することもたくさんあるとは思いますが、
少なくとも「お互いが支え合える」状況になければ、
長期に渡る結婚生活を維持することすらできません。

 

 

だからこそ、
様々な基準を設けるのは構いませんが、
最終的にはその人の持つ何かではなく、その人自身を見て判断すること
最も後悔をしない結婚相手の選び方になるのです!

 

 

 

実際に相手に求めるものが多くなれば
必然的に相手の方はハイスペックな方になっていくため、
同時に相手から求められるものも当然多くなっていきます。

 

 

その結果として

  • 家庭内での立場が不利になる
  • 愛されている自信を失っていく

などの不安や負担を感じることも多くなります。

 

 

あくまでも結婚は
お互いの将来を共有するものだからこそ、
損得ではなく純粋に一緒にいたいと思えるかで決める
という意識は必ず持っておきましょう!

 

 

実際にこれまでの相談データを見てみても、
ステータスや損得を基準にした結婚は
後々失敗したと悩んでいるケースがかなり多いので、
ぜひ基本となる部分を忘れないようにしておいてくださいね!

 

 

結婚と恋愛は実は似ているようで全く違う!

結婚式のワンシーン

それでは最後に、

「結婚」や「再婚」を目指す方向けに、
考え方や捉え方についての
アドバイスをしていきたいと思います!

 

 

実際に結婚を考えた時

  • 好きな人と結婚をしたい
  • この人だと思える人を選びたい

といった考えを持つことは決して間違ってはいません。

 

 

ただ、確かに結婚は
恋愛の延長線上にあるものではありますが、
結婚と恋愛の性質は似ているようで全くの別物です。

 

 

例えば

  • 旦那さんへの恋愛感情がなくなった
  • 愛情表現が減ったりセックスレスになった

などといった相談は比較的多いのですが

 

 

実は恋愛という視点で考えた場合、
むしろ何年何十年という長い期間
「恋愛感情やスキンシップが維持できる」という方が、
かなりイレギュラーなケースになります。

 

 

というのも、人間はどんなことに対しても
良くも悪くも「慣れ」が生まれる生き物です。
そのため、仮にどれだけ好きな人であっても
長期的に現在の恋愛感情を維持し続けるのは難しいもの。

 

 

また、考え方としては

  • 恋愛は恋人としての条件付きの愛情
  • 結婚は家族としての無償の愛情

これが主軸になってくるため

 

 

恋愛と全く同じ捉え方で
結婚を目指そうとしてしまうと、
どこかで必ず綻びが生じてしまいます。

 

 

よく「結婚には妥協も必要」と言われたり、
「刺激やときめきは必要ない」なんて言われたりしますが、
これはあながち間違った話ではなく
事実として恋愛を軸に結婚相手を選ぶと離婚割合は高いのです。

 

 

なんだか夢のない話ではありますが、
実は恋愛における「幸せ」や「ときめき」というのは、
「不安」や「焦り」などの不安定さがあるからこそ
強く実感できる感情
になります。

 

 

だからこそ、その「不安定さ」を取り除くために
相手の気持ちを確かめようとしたり、
繋ぎとめるための努力をしたりするわけですが、
その最終的なゴール地点が結婚という「安定した関係性」です。

 

 

実際に結婚は
彼氏彼女の時の口約束とは異なり、
恋人から夫婦になり、社会的にも関係が認められます。

 

 

ただ、それは安定すると同時に

  • 簡単には別れられない(離れられない)
  • 恋人とは異なる責任や義務が生まれる
  • 戸籍が変わり家族(親族)が増える

など、これまでとは様々な部分が変化していくということ。

 

 

もちろん「幸せになる」という意味では
恋愛も結婚も全く意味合いは同じですが、
恋愛とは違うステージに行くからこそ
単純な延長線上として考えるのは正しいとは言えないのです。

 

 

特に男性女性共に
初婚の方は見落としがちなことですが、
刺激的で毎日が楽しいことを幸せと呼ぶ恋愛とは違い、
何もない当たり前の日々を幸せと呼ぶのが結婚です!

 

 

どうしても結婚相手を選ぶ際に
恋愛感情の大きさに目が行ってしまいがちですが、
安心して穏やかに過ごせる相手を選んだ方が
後悔しない結婚になりやすい
ことは覚えておいてくださいね!

 

 

今回のコラムのまとめ

 

まとめ画像

今回は

「後悔しない結婚相手の選び方」を
メインテーマにしながら
アドバイスなどを解説してきましたが

 

 

実際に相談に乗っていても、
比較的多くの女性が
恋愛のノリで結婚を考えてしまっているのは事実です。

 

 

その逆に男性は
どうしても現実的に考えてしまうからこそ、
結婚を必要以上に重たく捉えてしまう傾向にあるため、
ここが噛み合わないことでトラブルになるケースも少なくありません。

 

 

ただ、今の彼氏と結婚をするかどうかや
婚活の中でパートナーを探すという、
「結婚相手を選ぶ」場面においては

 

 

  • 最重要基準は「安心感」と「居心地の良さ」
  • お互いに自然体で一緒にいられるかどうか
  • 話し合いや意見の共有がちゃんとできる
  • 日頃から感謝や理解、気遣いを意識している
  • なことや不満を素直に言い合える
  • ステータスではなくその人自身を見て決断する
  • 自分にとっての損得で判断しようとしない
  • 恋愛感情の強さより穏やかに過ごせるかが重要

 

 

これらをしっかりと意識した上で判断をすれば、
長い目で見た時に後悔する確率はグッと下げられます!

 

 

彼氏彼女という存在とは異なり、
本当の意味で人生のパートナーを決めるのが
結婚相手を選ぶということなので、
ぜひ恋愛とは少し違う視点からも見てみてくださいね!

 

 

次のページでは、
恋愛ではかなりのマイナスになりやすい
「重たい」という印象をテーマに、
そう思われる女性の特徴や改善方法を解説します!

 

 

次のページはこちらから

 

 

TOPページに戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top