男性に居心地の良さや魅力を感じてもらえるようになるには

気遣いや気配りのできるモテる女性になるための秘訣

気遣いや気配りのコツとは?モテる女性になるための秘訣を紹介!

モテる女性に共通する上手な気配りや気遣いのコツのページ内容

 

ここでは、

恋愛の成功率にも大きく影響する
気遣いや気配りを正しく行うための
コツや注意点を解説していきます!

 

実際にモテる女性の多くは、
周囲への気配りが上手かったり
さりげない気遣いができるなど、
男性にとって魅力的な要素を共通して持っています。

 

これらを自然に行うことは
決して簡単なことではありませんが、
実は日常生活の中でその力を養うことが可能なので、
ぜひ参考にしながら挑戦してみてくださいね!


 

気配り上手になるために必要な2つのコツ

付き合いに参加する女性

男性が恋人を選んだり、

女性を好きになる時には、
「気遣い」や「気配り」が
基準になることも多いもの。

 

 

では、これらを正しく行うためには
どんなことが必要になるのでしょうか?

 

 

まず最も大切になるのが、
相手のことをしっかりと理解をすることです!

 

 

というのも、気配りや気遣いというのは
必ずしも「決まった形」や「正解」があるわけではないため、
その時々で臨機応変に動く必要があります。

 

 

ただ、好印象を持ってもらうためには、
最低限「相手に合わせたやり方」が必要不可欠です。

 

 

なぜなら
人によって求めるものや嬉しく思うことは違います。
だからこそ、相手のことをよく知らないと
効果的な気遣いや気配り自体が出来ないのです!

 

 

実際に気遣いや気配りは

  • 自然に出来てしまう女性
  • 頑張っても出来ない女性

この両者に大きく分かれます。

 

 

ここでの一番大きな差になるのが
理解度の深さになってくるので、
正しく行うためのコツとして覚えておきましょう!

 

 

そしてもう一つ重要なのが、
相手にとっての自分の立ち位置を正確に把握することです。

 

 

実は同じ気遣いであっても

  • 二人の立場や関係性
  • 現時点での距離感や親しさ

によって印象は大きく変わってきます。

 

 

そのため、仮に言動としては
「ベスト」というものであったとしても、
上手く受け取ってもらえないことが出てくるのです。

 

 

実際に恋愛の現場では、
踏み込み過ぎて相手に引かれてしまう
といったことが頻繁に起こります。

 

 

もちろん、相手も好意を持ってくれている状態なら、
ある程度踏み込んでくれた方が
嬉しいと感じるケースも多いですが

 

 

関係性がまだ浅かったり
一方的な好意によるものだと、
内容によっては印象が悪くなることもあるので
しっかりと立ち位置を見極めることも重要ですよ!

 

 

気遣いや気配りというのは、
最低でもこの二つのポイントを
ちゃんと押さえていかないと失敗が増えるため、
まずはここから徹底していきましょう!

 

 

気遣いは急にできるようになるものではない!

友達のサポートをする女性

よく恋愛相談の中でも

「どうしたら上手く気遣いが
できるようになりますか?」という
質問をされることがあります。

 

 

ただ、気遣いというのは

  • 意識をすれば出来る
  • 誰でも簡単に出来る

といったものではありません。

 

 

なぜなら、気遣いや気配りにおいて
最も重要なのは「自然に出来るかどうか」だからです!

 

 

もちろん、
気遣いを意識することは大切ですし、
挑戦していく姿勢も確かに必要です。

 

 

ですが、恋愛で印象を良くするためにと
付け焼刃で頑張ってみたとしても、
いずれはボロや不自然さが必ず出てしまうため、
長期的に見るとあまり意味がありません。

 

 

そのため、恋愛で活用するのであれば、
日常生活の中で力を養っていくことが必須なのです。

 

 

というのも、気遣いや気配りを
上手く適切に行おうと思うと、
様々な能力が要求されてきます。

 

 

代表的なものとしては

  • 相手の気持ちや心理を理解する力
  • 求められていることを的確に察知する力
  • 状況を見極めて動くための判断力

といったものが挙げられますが

 

 

これらの力を
好きな人を前に発揮するのは想像よりも遥かに難しいもの。

 

 

特に恋愛の中では
様々な感情が入り乱れやすく、
気持ちの浮き沈みも激しくなりやすいため、
落ち着いて対応するのも簡単ではありません。

 

 

また、好きな人や彼氏だからこそ

  • 甘えや期待、願望が生まれる
  • 過剰な気遣いや干渉をしてしまう

といったことも十分考えられるため

 

 

恋愛で上手く気遣いを行うには、
恋愛感情がない相手に対して
当たり前に出来ることが大前提
になるのです。

 

 

実際に相談に乗っていると
「好きな人にだけ出来れば良い」や
「好きな人以外は気にしたことがない」という
意見や考えを耳にしますが

 

 

正直それはかなり無理のある考え方ですし、
気遣いや気配りというのは
ぶっつけ本番で成功するほど簡単ではありません!

 

 

恋愛では普段出来ていることすら
出来なくなってしまうことも多いので、
日頃から周囲への気遣いを心がけて
いざという時に自然に出来る状態を作っておきましょう!

 

 

女性としての魅力を下げる間違った気遣いとは?

上手くいかずに悩む女性

この記事のタイトル通り、

気遣いや気配りができる女性は
男性からの印象が良くなるため、
モテることも確かに多くなります。

 

 

ただし、モテるのは
「正しく気遣いが出来ている」ことが絶対条件。
間違ったやり方をすれば
最悪恋愛対象から外れることも出てきます。

 

 

これはなぜなのかと言うと、
気遣いは一歩間違えれば余計なお世話になるからです。

 

 

実際に恋愛では、
気遣いのつもりでした言動が
相手を不愉快にさせることもたくさんあります。

 

 

例えば

  • 個人的な問題に深く踏み込まれる
  • 気が引けるプレゼントをもらう
  • 求めていないのに寄り添おうとされる

などが代表的なのですが

 

 

いくら悪気がないことや
善意でしてくれていることが分かっていても、
押し付けのように感じてしまえば気分が良いものではありません。

 

 

「自分に出来ることはしてあげたい」や
「何か力になりたい」」と思うこと自体は
決して間違った考えではありませんが、
相手のニーズや受け取り方が最重要だということは
絶対に忘れないようにしておきましょう!

 

 

また、女性に多く見られがちですが、
気遣いや気配りを「してあげる」という感覚は捨ててください!

 

 

あくまでもこれらは、
相手のことを考えた上での
「自らの意思」で行うものです。

 

 

よく相談の中でも

  • 私は〇〇してるのに
  • あの時〇〇してあげたんだから

といった話を耳にするのですが

 

 

気遣いや気配りは
原則何かを得るための手段ではないため、
見返りを求めるくらいなら最初からやらない方が無難です。

 

 

ここでお伝えした内容というのは、
恋愛に限らず人間関係においても
トラブルになりやすい原因でもあります。

 

 

どういった関係性でも
自分の感覚と相手の感覚は同じではないため、
一方的になってしまったり
打算的な動きにならないような注意は必要ですよ!

 

 

モテる人とモテない人の違いを理解しておこう!

彼に愛されている彼女

それでは最後に、

気遣いや気配りの視点から見て、
「モテる女性」と「モテない女性」の違いは
どこにあるのかを解説したいと思います。

 

 

実は同じような
気遣いの仕方や言動であっても、
相手が感じる印象は
必ずしも同じとは限りません。

 

 

この大きな要因の一つが、
それらの動きを
さりげなく自然な形で行えているかどうかで
受け取り方が変わる
ことにあります。

 

 

実際に気遣いをされる側だったとしたら

  • 当たり前のようにサラっとしてくれる
  • ぎこちなく不自然な形でしてくれる

この両者では受け取る印象は違いますよね?

 

 

上の例えはやや極端な例ですが、
実は意識してやっていることが悟られると
多くの場合はプラスには働かなくなるのです。

 

 

そのため、まずは大前提として
気遣いをすればモテるのではなく、
自然に気遣いが出来るからモテる
のだということを
しっかりと頭に入れておきましょう!

 

 

また、一部の特殊な男性を除けば、
「特定の人にだけ気遣いをする」という状態は
あまり好まれないという傾向にあります。

 

 

  • すでに強い恋愛感情をあなたに持っている
  • もともと独占欲や支配欲が非常に強い
  • 何事も自分が最優先じゃないと気に入らない

こういった場合は例外になることもありますが

 

 

基本的には
誰に対しても気遣いが出来るから魅力的に見えるのであって、
特定の人にだけにしかしないのであれば
「贔屓」や「区別」がある人とも見られてしまいます。

 

 

更に言うと、実は男性心理から見ても
「誰に対しても」というのは、
意識をする一つの理由になってくるもの。

 

 

みんなに対して同じだからこそ

  • 特別な存在になりたい
  • 自分にもっと目を向けてほしい
  • こんな人と付き合えたら幸せだろうな

なんてことを思ってしまうものですし

 

 

誰からも好かれる女性だからこそ、
「自分のものにしたい」や
「取られたくない」という心理も働きやすくなる
のです!

 

 

モテる女性というのは
「誰にとっても魅力的だからモテる」のであって、
特定の人を落とせる能力を持つ人ではありません。

 

 

逆にモテない女性は
好き嫌いが露骨に出てしまったり、
慣れない気遣いや気配りをすることで
「好意のサイン」として受け取られる傾向にあります。

 

 

相手に魅力的に映るかどうかは
日々の積み重ねがものを言う分野でもあるため、
自然な振る舞いで気遣いができるようになるためにも
ぜひ好きな人以外にも意識してやってみてくださいね!

 

 

今回のコラムのまとめ

 

まとめ画像

今回のコラムでは、

「気遣い」や「気配り」をテーマに
モテる女性になるための
アドバイスや注意点を解説しました。

 

 

実際に男性の恋愛観では

  • 理解して合わせてくれる人
  • フォローやサポートをしてくれる人

といった女性を恋人候補に選びやすいため

 

 

気遣いや気配りができるかどうかは
恋愛対象に入れるかどうかの大きなポイントになります。

 

 

今回お伝えしてきたように

 

  • 相手のことをしっかりと理解をすることが必須
  • 人によって求めるものや嬉しいことは違う
  • 自分の立ち位置を把握した対応が不可欠
  • 踏み込み過ぎれば引かれてしまうリスクもある
  • 何をするかよりも自然に出来るかの方が大事
  • 好きな人の前で力を発揮するのは想像より難しい
  • 恋愛以外の場で当たり前にできることが大前提
  • 気遣いや気配りは一歩間違えると余計なお世話
  • 押し付けのように感じると印象はマイナスになる
  • 見返りを求めての気遣いならやらない方が無難
  • 同じ動きでも自然かどうかで受け取り方が変わる
  • 誰に対しても気遣いや気配りができた方が魅力的

 

など、覚えておくべきことも
意識しておくべきことも多いですが

 

 

上手く使いこなすことができれば、
恋愛はもちろんその後の結婚にも
かなり大きな力になるのは間違いありません!

 

 

ただ、本編でもお伝えした通り、
ぶっつけ本番ではなかなか成功しませんし、
好きな人を相手にすると
普段よりも出来なくなるのが基本です。

 

 

そのため、苦手な人はまず
家族や友達、職場の人などの
恋愛とは別の場で挑戦して慣れておきましょう!

 

 

最初は失敗もしやすいですが、
感覚を掴めば誰でも出来るものなので、
毎日意識をしてみることが大切ですよ!

 

 

次のページでは、
LINEが上手く続かない場合の
原因や対処法などについてを
解説したいと思います。

 

次のページはこちらから

 

 

TOPページに戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top