元彼元カノの話を含む「昔の恋」の話をしたがる相手の本心とは?

【男性心理と本音】過去の恋愛を聞く、または話す男の意図

【過去の恋愛を聞く男と話す男】彼の男性心理や本音を徹底解説!

過去の恋愛を聞く男と話す男が持つ男性心理とは?のページ内容

 

ここでは、

女性に「過去の恋愛を聞く男」と
自ら「過去の恋愛を話す男」の、
男性心理や本音を解説します!

 

すでにお付き合いをしている方はもちろん、
まだ片思い中という方であっても、
過去の恋愛の話で悩みを抱えたり
意図が分からずに困惑する女性は多いもの。

 

ただ、聞くことも話すことも
男性心理的な意味はちゃんとありますし、
そこを上手く活用すればプラスを作ることもできるので、
ぜひこの機会に理解をしておきましょう!


 

相手の過去の恋愛を気にする人が多い理由

遠目から眺める男性

付き合ってからはもちろん、

片思いや気になるという段階でも、
「相手の過去の恋愛」を
気にする人は男女ともにいます。

 

 

一般的には
「男性の方が気にする人が多い」
なんて言われていますが、
実際の比率としてはほぼ同等程度。

 

 

そして、気にする理由としては、
相手の気持ち(自分の立ち位置)を知りたい
という心理が影響していることが最も多いです。

 

 

恋愛というのはどうしても

  • 相手にとっての一番でありたいという願望
  • 本当に必要とされているのかという不安
  • 自分だけを見てほしいという欲求

などが多少なりとも生まれてくるもの。

 

 

この時、それらを満たしたり
払拭しようと考えた時に、
一番簡単な方法というのが
「過去と比較すること」になります。

 

 

だからこそ、過去の恋愛の話を聞くことで、
自分がいかに大切にされているか、
今まで以上に恋愛感情や必要性を感じてくれているか

などを確認しようとしてしまうのです。

 

 

ただし、当たり前の話ではありますが

  • 過去の恋愛を聞くことで不安が大きくなる
  • 過去の恋愛を話すことで関係が悪くなる

といったことも決して珍しくはありません。

 

 

無理に聞き出そうとしてしまえば
その分「面倒だ」と感じさせるリスクが上がりますし、
過去の彼女や恋愛と比較ばかりされれば
当然「重たい」とも感じやすくなってしまうもの。

 

 

実際に恋愛の中では、
過去の恋愛に囚われすぎて
自ら今の恋愛を壊してしまう
なんてことも
かなり多いので注意が必要です!

 

 

また、過去の恋愛を引き合いに出し
「相手を試す」といった動きをしている方も、
実は男性女性共に少なくはありません。

 

 

事実相手のことが好きであればあるほど

  • 誰よりも特別な存在でありたい
  • 過去を含めて一番になりたい

といった心理は強く働くものです。

 

 

その結果として、
自身が相手にとっての最愛の人である実感や証明
過去の恋愛を使って得ようとしている人もいます。

 

 

もちろんこれも
「過去の恋愛を気にする理由」の一つとしては
かなりメジャーなものではあるのですが

 

 

一般的に女性と比べて
「独占欲」や「征服欲」が強い男性は、
この理由で過去の恋愛を気にすることも多い
というのは
一つの知識として覚えておきましょう!

 

 

もちろんそれ以外にも

  • 上手くやっていくために恋愛傾向を把握したい
  • 純粋にどんな恋愛をしてきたのかを知っておきたい
  • 「軽い」「重い」を含む恋愛観見極めたい

といった理由で気にすることもありますが

 

 

大前提として
過去の恋愛は好きだからこそ気になってしまうものではあるので、
もし理由が分からないと感じた時は
少しポジティブに捉えてみるのも一つの手ですよ!

 

 

女性に元彼や恋愛歴を聞く男性の本音

彼の質問に一生懸命答える彼女

それではここからは、

具体的に「男性心理」を基に
彼側の本音や気持ちを
解説してみたいと思います!

 

 

よく相談の中でも

  • 彼が元彼のことをよく聞いてくる
  • 過去の恋愛をやたらと気にする
  • 前の彼氏と比較させようとする

といった話を耳にすることは多いのですが

 

 

この理由の大半には、
自分自身や恋愛に対して自信が持てない
という男性側の恋愛的な不安が影響しています。

 

 

実際に日本の恋愛全体を見てみると、
「女性が圧倒的優位」と言っても過言ではないくらい
成功率には大きな差があります。

 

 

そのため

  • 他の人に取られるのではないか
  • 自分は本当に愛されているのか
  • 本当に自分は受け入れてもらえるのか

などの不安は、実は男性側の方が感じやすいもの。

 

 

もちろん、男性にはプライドもあるため、
表面上は恋愛でも強気に振舞ってみたり、
冷たい(興味がない)ような言動を見せる
こともありますが、
内心は恋愛に対して弱気な人は多いのです!

 

 

また、男性は幼少期から
「勝つ(負けない)こと」や「一番であること」を
生活や教育の中で求められることがたくさんあります。

 

 

その結果として

  • 誰にも負けたくない
  • 特別な存在でいたい

という心理は女性よりも強くなりがちです。

 

 

よく恋愛においては
男性は「初めて」という言葉を欲しがる、または喜ぶ
なんてことが言われますが、
それもこの男性心理が強く影響をしているのです!

 

 

そして、一つ前でも触れた通り、
「相手にとって特別な存在であると自覚したい」
という心理を満たそうと思った時、
敵になるのは「過去の恋愛(元彼)」になります。

 

 

それと同時に

  • 今までの彼氏を超えたい
  • 過去の誰よりも求められたい
  • 自分が一番だと思ってほしい

といった心理も出てくるため

 

 

好きな女性に対して
全てを自分で塗り替えたいという感情が生まれることで、
そのために必要な情報を探る意味で
過去の恋愛を聞く男性が多くなるのです。

 

 

もちろん、女性としては
聞かれて嬉しくないこともあると思いますし、
「そんなの今は関係なくない?」と
感じるようなことを聞かれることもあると思います。

 

 

比較的多いものとして

  • 元彼との性生活に関する内容
  • 過去にデートや旅行で行った場所や内容
  • どのくらい好きで尽くしていたのか

などを聞く男性は多いですが

 

 

余程の事情がない限りは
何らかの悪意があるわけではなく、
好意から来る「安心感」や「特別感」を得たいという心理
そういった内容を聞いていると考えて問題ありません!

 

 

普段は何でも自信あり気に見えたり
常に堂々としているような人であっても、
恋愛だけは全然ダメという男性は割と多いので、
そこを理解して答えてあげると効果的ですよ!

 

 

自ら昔の彼女や恋のことを話すのはなぜ?

ワイルドで男らしい男性

ただ、先ほどとは反対に

男性側が自ら
「過去の恋愛を話す」
というケースもたくさんあります。

 

 

片思いや交際をしている女性としては

  • 過去の恋愛や彼女のことは聞きたくない
  • なんで昔の話を出してくるのか分からない

といった気持ちにもなりがちですが

 

 

こういった行動の裏には
相手に自分をより魅力的に見せたい
という男性心理が隠されています。

 

 

簡単に言ってしまえば、
「武勇伝を語る」ことと
意味合いはほぼ同じになってくるのですが

 

 

男性としては

  • 俺はこんなに彼女を大切にできる
  • こんな元カノがいたけどあなたを選んだ
  • 様々な恋愛を経て今の恋愛にたどり着いた

などといった「特別感」を伝えようとしているのです。

 

 

ただ、アドバイザーとしての経験から言うと、
不器用なのかとにかく伝えるのが下手な男性が多いため、
本来はプラスの意味での発言が
逆の意味で伝わってしまうことも珍しくありません。

 

 

本当は「今の幸せさ」を伝えたくて
過去の恋愛を比較対象として出したはずが、
「元カノといた頃は楽しかった」という
マイナスな意味での比較と伝わってしまったり

 

 

  • 昔は結構女遊びをしていた
  • 当時はすぐ飽きて別れていた

といった話を「今との比較」で話した結果、
彼女側に余計な不安を与えているケースも多々あります。

 

 

男性心理的には
「遊んでいた過去」や「元カノとの思い出」と比較することで、
「遊びではない」、「今の方が幸せ」ということを強調したいのですが、
そうは受け取れない言い方をしてしまったりするのです。

 

 

もちろん、彼女に対して
何らかの「不満」や「負担」を感じた場合に、
過去の恋愛や彼女と比較をして
「改善してもらおう」とする男性も確かにいます。

 

 

ただ、実はその場合は
かなり簡単に見極めることができるもの。
なぜなら、「改善が目的」なのであれば
「直るまで何度も同様の話が出てくる」
からです。

 

 

そのため、もし何度も同じ話をされたり、
不満のついでに過去の恋愛の話が出てくるようなら、
「気付いてほしい」や「もっと愛されたい」という心理や本音
主軸になっている可能性が高いことも覚えておきましょう!

 

 

ですが、基本的には

  • 元カノの方が良かった
  • 過去の恋愛に戻りたい

そういった理由で昔の話をすることはまずありません。

 

 

というよりも、そこまで引き合いに出すほど嫌だったり、
それによって気持ちが冷めてしまっているのであれば、
彼からしたら「別れる(関係を切る)」を選択した方が
気持ち的にも楽ですからね・・・

 

 

実際に恋愛の現場を見ていても、
過去の恋愛を話す男性のほとんどは
もっと自分に目を向けて(興味を持って)ほしい
という心理を根底に持っています。

 

 

女性からしてみれば

  • 自分を否定された気持ちになる
  • 比較されているようで気分が悪い

といった捉え方をしてしまいがちですが

 

 

よくよく男性心理で考えてみると
「実はプラスの意味だった」なんてことはたくさんあるので、
思い込みや想像だけでネガティブに捉えるのは
なるべく避けるようにしておいてくださいね!

 

 

男性心理を利用して過去の恋愛を活用する方法

改めて気持ちを確かめ合った恋人

それでは最後に、

「過去の恋愛」の話を
上手く「今の恋愛」に
活用する方法をお伝えします!

 

 

もちろんこれは

  • 過去の恋愛を聞く男性
  • 過去の恋愛を話す男性

この両者で方法は異なりますが

 

 

どちらにも共通して言えることは、
過去の恋愛の話が出てくるということは、
「理想の答え」か「望んでいる結果」が必ずあるということです!

 

 

相手の気持ちを全く考えない、
または何も考えていないような男性なら別ですが、
基本的には元彼元カノの話をすることが
「トラブル」や「誤解」を生みやすいことは理解しています。

 

 

それでもなお「聞く」または「話す」ということは、
彼自身に自覚があるかどうかは別として、
心理的にはそのリスクを背負ってでも
「伝えたい」または「確認したい」何かがある
ということ。

 

 

そのため、少し難しいですが
理解した上で適切な答えを返してあげることができれば、
今の恋愛にプラスに作用させることは可能です!

 

 

では早速両方のタイプへの対応の中で、
最も簡単かつ効果的なものを見ていきましょう!

 

 

まず「過去の恋愛を聞く」というタイプの男性には、
あえて過去の恋愛と比較をした上で
良い意味で「今までとは違う」ことを強調すると効果的
です。

 

 

相手の過去の恋愛を気にする男性には

  • 愛されている実感を掴みにくい
  • 嫉妬心や独占欲が強い
  • メンタル的に脆い部分がある

などといった特徴を持つ人が多く

 

 

それによって「自信を持てなくなる」のと同時に、
「漠然とした不安やネガティブ思考を持ちやすい」ため、
しっかりと愛情表現をすることで
「あなたが良い」ということを伝えてあげるのがベストです。

 

 

またその逆で
「自分の過去の恋愛を話す」タイプには、
正面から「認めてあげる」や「信じてあげる」ことをしつつ、
「選んでもらえた喜びや感謝」を伝えることが有効
になります。

 

 

過去の恋愛を語る男性には

  • 恋愛的に優位に立ちたい
  • 自分を最優先に考えてほしい
  • 振り向かせる努力を続けてほしい

といった心理や願望を持つ人が多く

 

 

それによって「自分を大きく見せよう」とするのと同時に、
「自分自身の価値や求められることに執着しやすい」ため、
彼を立てることを意識しながら
「必要としている」ことを伝えるのが理想なのです!

 

 

正直なことを言ってしまえば、
その時々の状況に合わせて
臨機応変に動かなくてはならない難しさもありますが、
実は過去の恋愛の話が出た時はアプローチのチャンスでもあります!

 

 

悩んでしまっている女性も多いですが、
考え方や捉え方一つで
良い方向に関係を進める材料にもなるので、
ぜひ彼の男性心理を上手く利用してみてくださいね!

 

 

今回のコラムのまとめ

 

まとめ画像

今回のコラムでは、

「過去の恋愛」についてを聞く、
または話す男性の
男性心理や本音を解説しました。

 

 

これは女性側にも言えることですが、
自分の中で相手の存在が
大きくなればなるほど

過去の恋愛やそのお相手のことも気になってしまうもの。

 

 

ですが、仮にどういった状況であっても、
今の恋愛を成功させるには
どこかで過去は過去だと割り切ることが絶対に必要
です。

 

 

実際に恋愛の現場では

  • すでに関係のない元カノに対して嫉妬をする
  • 前の恋愛以上の動きを相手に求めてしまう
  • 当時の彼の気持ちや言動に不満を持つ

などといったことをしてしまったり

 

 

  • 元彼と今の彼を比較した発言をする
  • 今までの恋愛を基準にした求め方をする
  • あえて不安や嫉妬を煽るようなことを伝える

といった彼への対応をしてしまうことで

 

 

本来の目的とは大幅にズレた
相手との関係や相手の気持ちを自ら破壊する動きをして、
本末転倒な結果に陥っているケースも
本当に多く目にします。

 

 

今回お伝えしたように、
過去の恋愛を気にする理由は

 

  • 相手の気持ちや今の自分の立ち位置を知りたい
  • 自分が最愛の人である実感や証明がほしい
  • 相手が好きだからこそ知りたい、または伝えたい
  • 「理想の答え」か「望んでいる結果」がどこかにある

 

こういった心理や感情が絡んでいることがほとんどですし

 

 

元彼や過去の恋愛を聞くことが多い男性は

 

  • 自分自身や恋愛に対しての自信が持てていない
  • 好きだからこそ全てを塗り替えたいと感じてしまう
  • 「安心感」や「特別感」を得たくて聞いてしまう
  • 独占欲や嫉妬心が強く、メンタルが脆い人が多い
  • 良い意味で「今までの恋愛とは違う」ことを実感したい

 

 

逆に自分の過去の恋愛を話すことが多い男性は

 

  • 自分をより魅力的に見せたいという心理が強い
  • 「今までとは違う」ことを強調するために話すことが多い
  • 「気付いてほしい」や「愛されたい」という意図の時もある
  • 「もっと自分に目を向けてほしい」という気持ちが大きい
  • 「自分の価値」や「必要とされていること」を実感したい

 

 

などといった特徴や心理を持つ人が
全体を通して多いという傾向にあります。

 

 

恋愛感情を持っていれば
多かれ少なかれ気になるものではありますし、
その経験があるからこその今でもあるため、
完全に過去の恋愛を切り離して考えるのは正直難しいです。

 

 

ただ、上手く活用すれば
二人の関係をより良くすることに
繋げることは可能ですし

 

 

ちゃんと理由や意味を理解して
適切に対応していくことができれば、
過去の恋愛話も二人の絆を深めるきっかけにもなります!

 

 

嫌な気持ちになることも多いかもしれませんが、
そういった男性と恋愛をしている方は
その分チャンスを見つけられる可能性も高いので、
ちょっとだけ見る角度を変えてみてくださいね!

 

 

次のページでは
リクエストをいただいたものの中から、
「体だけの関係(セフレ)」というテーマを
男性の視点からお話していこう思います!

 

 

次のページはこちらから

 

 

 

TOPページに戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top