スピリチュアルな方法で彼との相性や将来は判断できるのか

運命の人や彼の気持ちを知る上での恋愛占いの有効性

恋愛占いを利用することで運命の人や彼の気持ちは分かるのか

恋愛占いで運命の人や相手の気持ちを知れるのか?のページ内容

 

ここでは、

恋愛相談と似ているようで異なる
「恋愛占い」をテーマに、
その違いや特徴をお話します!

 

占いでは「運命の人が分かる」や
「相手の気持ちが分かる」なんて
キャッチコピーもよく見かけますが、
果たして本当に分かるものなのでしょうか?

 

今回はそんな疑問に対して
恋愛のアドバイザーという目線から、
良い点悪い点を含めて
細かく解説をしてみたいと思います!


 

恋愛占いと恋愛相談の違いとは

花びらをすくい上げる手

普段僕自身は

アドバイザーとして
皆さんから「恋愛相談」を
お受けしているのですが

 

 

世の中には
占い師さんたちによる
「恋愛占い」というものも
数多く存在しています。

 

 

そして、実際のところ
男性よりも女性は占いが好きな人が多いですし、
きっと何かしらの形で
「占ってもらったことがある」という方も多いですよね!

 

 

そこでまずは
恋愛相談と恋愛占いの違いについてを
簡単に説明してみようと思います。

 

 

そもそも僕が普段行っている
「恋愛相談」というものは、
相談者さんの状況を確認した上で
アドバイス等をお伝えしていくものです。

 

 

実はこれに関しては
占いでも大きな差はありません。
知りたい情報は何かなどの情報については
確認しておかないと話はできませんからね!

 

 

そのため占いでも

  • 今日は何を見てほしいですか?
  • どの部分について占いましょうか?

などといった言葉を最初に投げかけることは多いですし

 

 

もっと簡単な話
「〇〇占い」という形で、
占う内容を最初から指定していたりします。

 

 

そのため、この辺りまでは大差ないのですが、
大きく変わってくるのはここからです。
恋愛相談と恋愛占いの最大の違いは
「何を基に話を進めていくのか」
になります。

 

 

例えば恋愛相談の場合、
「相談者さんが何を望んでいるのか」を軸に
そこに向かうための話をするのが基本です。

 

 

もちろん、場合によっては
「望む方向以外の道筋を提示する」などの
アドバイスをすることも出てきますが、
原則「目標に向かうためのサポート」をすることになります。

 

 

一方占いについては
「占いの結果」を軸に話していくものがほどんどです。

 

 

例えば「復縁」の話であれば

  • 今は彼の気持ちはあなたに向いていない
  • 彼は今でも心のどこかであなたを思っている

など、相手の気持ちを結論付けて話すケースもあれば

 

 

  • 運命の人は別にいてこの後出会う
  • 彼とは相性が良いからきっと戻ってくる

などという形で「答え」を先に提示し、
それを基に話を進めていくことが多いのです。

 

 

つまり、簡単に言ってしまうと、
恋愛相談と恋愛占いでは
答えを決めるのが自分なのか相手なのかが違うということ!

 

 

どちらが良いかは
人によって考え方も異なりますが、
こういった違いがあるということは知っておきましょう!

 

 

運命の人を知ることは可能なの?

指に繋がる赤い糸

それでは

ここからが今回のコラムの本題です。

 

 

実は恋愛相談に乗っていると

  • 占いでは運命の人だと言われた
  • 占い師さんに諦めた方が良いと言われた

などといった話を度々耳にします。

 

 

実際に「恋愛相談」よりも
「占い」の方が堅苦しさや依頼する抵抗が少ないため、
意外と占いをした後に相談というケースも多いのです。

 

 

では、実際に恋愛占いをすることで

  • どの人が自分にとっての運命の人なのか
  • いつ頃運命の人に出会えるのか

こういった部分は分かるのでしょうか?

 

 

この質問に対する僕の個人的な答えは、
占い師さんからは怒られてしまうかもしれませんが
「No(分からないと思う)」です。

 

 

念のため最初に補足をしておくと、
僕は正直占いのことはよく分かりません。
何かが見えるわけでも感じ取れるわけでもなければ、
特別な力を持っているわけでもないので・・・

 

 

そのため、もしかしたら僕が知らないだけで
占いや占い師さんには不思議な力があり、
その人の運命や未来を丸裸にできる可能性も
完全に否定することはできません。

 

 

ただ、身も蓋もないことを言ってしまうと、
もし本当に上記のような力があるのであれば
占いの結果は必ず同じにならないと不自然だと思うのです。

 

 

実際に占いというのは
「遥か遠い昔から存在するもの」ですし、
何の根拠もないのに続いていると考えるのも
やはり不自然ではあると思います。

 

 

ただ、それと同時に
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉がある通り、
必ずしも当たるわけではないという前提
占いにはあるように感じています。

 

 

事実、街中やネット上などでも見かける
「すごくよく当たる占い」という言葉も、
よくよく冷静に見てみると
「当たる確率が高い」だけで「当たるとは言っていない」ですもんね。

 

 

こういった部分を総合的に見ていくと、
占い結果が当たるのかどうかは
「当たる時もあれば当たらない時もある」という
曖昧な答えに着地することになります。

 

 

だからこそ、僕の思う
「占いで運命の人は分かりますか?」という問いの答えは、
「正確なことは分からないけれど、
占いの結果通りになる可能性ならあると思うよ!」なのです。

 

 

もちろん、信じるも信じないも
各々の判断でしかありませんが、
仮に運命の人が誰か分かったとしても
「運命の人=上手くいく」という保証はどこにもありません。

 

 

占いを完全に否定するつもりはありませんが、
占いを信じてみたけど上手くいかなかったという方が
相談でのアドバイスですんなり上手くいった
なんてケースも多々あります。

 

 

実際に恋愛においては
思い込みが悪い結果を招くことはかなり多いため、
あまり過信しすぎないようにしておきましょう!

 

 

相手の気持ちを知るには相談がおすすめ

一緒にPCを覗き込む二人

一つ前の項目では、

占いで運命の人が分かるのかを
アドバイザーとしての目線から
お伝えしてきましたが

 

 

彼がどう思っているのかなどの
「相手の気持ち」という面については、
断言できることが一つあります。

 

 

それは何かというと、
恋愛占いよりも恋愛相談の方が
確実に「正確な情報が得られる」
ということです!

 

 

これはなぜかというと

  • より具体的な状況等を把握した上で話をする
  • お相手の情報を加味した上で分析をする
  • 何かしらの根拠を持って気持ちを判断する

単純にこの3つが占いとは大きく異なるからです。

 

 

ただし、仮にプロへの恋愛相談であったとしても、
100%相手の気持ちを言い当てることはできません。

 

 

なぜなら、ある程度情報があったとしても
感覚や考え方、捉え方というのは個人差が大きくありますし、
気持ちや感情には明確な形や答えがないため、
完璧に把握をすること自体は不可能だからです。

 

 

ただし、この点については占いも同じです。
実は占いと相談で違ってくるのはこの後になります。

 

 

分かりやすい例として
「好意があるかないか」という話で見ていきましょう!
これは「ある」または「ない」という単純な答えで良ければ
当てずっぽうでも「誰でも50%は正解」できます。

 

 

ただ、プロとの恋愛相談の場合
そんな当てずっぽうな答えにはなりません。
恋愛相談の場合好意のあるなしでその先の流れが変わるため、
より慎重かつ正確に判断する必要があるからです!

 

 

実際に同じ「片思い」という状況であっても、
上手くいく方法や取り入れるべきアプローチの手法が
必ずしも同じになるというわけではありません。

 

 

  • 相手との関係性や現状の距離感
  • 彼側の好意の有無や自分の感情の大きさ
  • これまでの状況や相手側の反応

様々なものから適切な選択肢を選ぶことが重要です。

 

 

だからこそ占い師さんよりも、
状況に応じて知識や事例などを基に分析できる
アドバイザーやコンサルタントの方が、
相手の気持ちを理解する能力は長けています。

 

 

もちろん占い師さんも一か八かで
適当に答えているわけではないと思いますが、
ここについてはやはり根拠が必要になるため
恋愛相談の方が自信を持っておすすめできますよ!

 

 

僕なりの分かるか分からないかの結論

ハートの電飾とイルミネーション

それでは最後に、

恋愛のアドバイザー目線で考えた
僕なりの結論を書きたいと思います。

 

 

ここまでの内容では
実用性や信憑性などを踏まえて
説明をしてきたのですが

 

 

正直に本音を言うと
占いで運命の人や気持ちが分かることはないと思います。

 

 

ただしこれは
占いがダメという話ではなく、
恋愛相談であっても全く同じです。

 

 

恋愛においては
明確な正解も確実な方法も存在しないため、
完璧を求めても手には入りません。

 

 

ですが、
相手の気持ちにより近づくことは可能ですし、
運命の人になってもらうための努力もできる。

これが恋愛なのです。

 

 

実際に最初の項目の中で
恋愛相談と恋愛占いの違いについても触れましたが、
相談と占いは根本的には別物だと思っています。

 

 

ただ、どちらも形や手法は違えど
恋愛をサポートするという意味では同じです。

 

 

僕自身、違いについてを考えた時

  • 占いは「結果に背中を押してもらうため」
  • 相談は「解決策やアドバイスを得るため」

こういった捉え方が最も自分にとってしっくりきました。

 

 

恋愛はどうしても悩みがつきものだからこそ、
自分自身ではどうしたら良いのかが
判断できなくなってしまうことだって出てきます。

 

 

その時に、背中を押してもらいたいのか
具体的なアドバイスがほしいのかを考え、
今の自分に必要ものを選択できるなら
どちらも意味があるものだと思うのです!

 

 

ただし、女性には比較的多いですが
恋愛を運頼みにしては成功率は絶対に上がりません!

 

 

厳密に言ってしまえば、
人の本心はその人自身にしか分かりませんし、
下手をすれば本人すらわかっていない時もあります。

 

 

それこそ運命の人なんて
知っているのはいるかも分からない神様くらいで、
そもそも運命自体があるのかも分かりません。

 

 

だからこそ、
運命も相手の気持ちも自分の力で変える
くらいの気持ちを持って向き合った方が、
恋愛で幸せになれる可能性は確実に高くなります!

 

 

最終的に精神論みたいな話になってしまいましたが、
恋愛は自分の努力次第で
結果を変えられるものでもある
ので、
自分で掴み取るという意識も持っておいてくださいね!

 

 

今回のコラムのまとめ

 

まとめ画像

今回のコラムでは

「恋愛占い」をテーマに
恋愛相談との違いも含め
様々なお話をしてきました。

 

 

本当に占い師さんが読んだら
怒られそうな内容にはなっていますが・・・

 

 

でも、個人的には
一歩踏み出す勇気やきっかけ
占いの方が作れるとも思うんですよ。

 

 

僕も過去に「大丈夫だから頑張りなさい!」と
占い師さんに言っていただいたことがあるんですが、
根拠はなくとも断言してもらえると
ちょっと前向きに考えられたりしますもんね!

 

 

ただ、今回お伝えした

 

  • 恋愛占いは占いの結果を軸に話が進みやすい
  • その反面恋愛相談は相談者さんの目的が軸になる
  • 占いで運命の人が分かるという保証はどこにもない
  • 運命の人と言われても上手くいっていない人はいる
  • 相手の気持ちを知りたければ恋愛相談の方が有効
  • 背中を押してもらいたい場合は恋愛占いも選択肢
  • 解決策やアドバイスが知りたい場合は恋愛相談を
  • 恋愛は運頼みにすると成功率は絶対に下がる

 

これらの内容というのは、
実際に僕自身がアドバイザーとして感じたことや
ご相談者さんからのお話などを基にしています。

 

 

同じようなものとして捉えられがちですが、
恋愛相談と恋愛占いは根本的に別物だと思うので、
ぜひ何かの形で依頼したいと思った時は
自分に必要なものは何かを考えて選んでみてくださいね!

 

 

次のページでは、
交際中のトラブルや彼女側の不安として
ご相談を受けることも非常に多い、
男性の浮気についてのお話をしたいと思います!

 

 

次のページはこちらから

 

 

水谷圭吾の男性心理を基に綴る恋愛コラム集一覧に戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top