恋人たちに訪れる倦怠期を上手に回避、脱出ためのポイント

マンネリ化を防止、解消して長く続くカップルになる秘訣

カップルに訪れるマンネリ化の効果的な予防策と解消方法

カップルのマンネリ化の効果的な防止策と解消法のページ内容

 

どんなカップルであっても、

お付き合いの期間が長くなれば
必ずと言っていいほどマンネリ化は発生します。

 

そこで今回は

  • カップルがマンネリ化する主な原因
  • 効果的にマンネリ化を防止、解消する方法

この二つを取り上げつつ

 

マンネリ化を必要以上に怖がらず、
上手く乗り越えながら
長く続く交際を作っていく秘訣を、
男性の視点をメインに解説していきますよ!


 

カップルがマンネリ化していく主な原因

返信がなくて不安になる女性

お付き合いを長く続ける上で
どうしても一つの課題になるのが、
「マンネリ化」と呼ばれる現象です。

 

 

実はこのマンネリ化というのは、
度合いは大なり小なりあるものの、
ほぼ全てのカップルに共通して起こるもののため、
完全に0にするのは難しいもの。

 

 

そこでまずは、
なぜマンネリ化が発生するのかの
原因を確認していきましょう!

 

 

刺激や新鮮さを感じにくくなる

良くも悪くもではありますが、
人間には「慣れる」という性質があり、
これは恋愛であっても例外ではありません。

 

 

そのため、お付き合いが長くなってくると

  • ドキドキする機会が減る
  • どうしても惰性で動く機会が増える

といったことが起こってきます。

 

 

意外と見落としがちですが、
恋愛自体にも経年劣化はありますし、
恋愛感情も常に維持できるものではないため、
あくまでも過信は禁物です!

 

 

慣れは無条件で発生してしまうものなので、
それを踏まえた上で対策を練っていくことが大切ですよ!

 

 

自分磨きや異性としての意識を忘れる

実は恋愛全体を見ていくと、
ある一定の関係性以上になると
自分の魅力への意識が低下する傾向にあります。

 

 

実際に

  • 好きになってもらうまで
  • 付き合って間もない期間

この間は自分磨きを頑張る人は多いですが

 

 

付き合ってからしばらくすると
関係性が安定したことに安心してしまい、
自分磨きや魅力の維持を怠ってしまうことが多く、
異性としての意識が徐々に薄れていきがちなのです。

 

 

男性女性どちらにも共通して言えることですが、
異性としての魅力を感じなくなってしまえば
恋愛感情は比例して減少していくため、
彼氏彼女になっても気の抜き過ぎは禁物です!

 

 

連絡頻度や会う頻度が高い

デートの待ち合わせ

好きな人とお付き合いができた以上、
可能な限りたくさん連絡を取り合ったり、
会いたいと思うこと自体は自然なこと。

 

 

ただ、そうすることにより、
恋愛の密度が高くなればなるほど
飽きや慣れが来るのも早くなるため、
実はマンネリ化を招きやすくなってしまいます。

 

 

実際にデータで見てみても

  • 毎日頻繁にLINEでやり取りをしている
  • 週1以上の高頻度で会っている

といったカップルはマンネリ化が激しい傾向にあるのです。

 

 

楽しさや嬉しさにも
徐々に慣れて来てしまうものではあるため、
あまり夢中になり過ぎるのも
リスクがあるということは覚えておいてくださいね!

 

 

恋愛観や熱量変化の違いの影響

一言で恋愛と言っても、
やはり男性と女性では感覚の違いもありますし、
恋愛の傾向自体にも差があります。

 

 

よく言われるように

  • 男性は最初が最も熱量が高い
  • 女性は徐々に熱量が上がっていく

といった特徴もそうなのですが

 

 

恋愛に夢中になる時期が男女で違うため、
どちらか一方が冷めているように感じてしまい、
そのすれ違いからマンネリ化が進行するといったケースも
実は交際の中では非常に多いのです。

 

 

ただ、理解をした上で対応することができれば
必要以上の悪化は避けられるため、
気持ちが冷めてなくてもマンネリ化は起こり得る
ということも頭には入れておきましょう!

 

 

無意識に求めるハードルが上がっている

最初にお伝えした内容とも
関連性の高いものにはなるのですが、
「最初と受け取り方が変わってしまう」というのも
マンネリ化に繋がる大きな要因の一つです。

 

 

例えばですが、当初は

  • 嬉しさやありがたさを感じていたこと
  • 大事にされていると思えていたこと

などといったものであっても

 

 

お付き合いが長くなってくると、
いつの間にか「普通」だと感じることが多くなり、
愛情や思いやりを受け取りにくくなってしまうのです。

 

 

特に女性の場合、
「自分にとって良い状態を判断の基準」として捉えてしまい、
そこと比較することで求めるハードルが上がっていく傾向にあるため、
マンネリ化を防ぎたいのであれば十分注意しておきましょう!

 

 

効果的にマンネリ化を防止、解消するための方法

幸せなデート風景

それでは原因を確認したところで、
ここからは具体的に
「マンネリ化の防止や解消の方法」を
紹介していきたいと思います!

 

 

とは言っても、先ほどお伝えした通り

  • 気持ちが冷める要因がある
  • 慣れや飽きが来る

このどちらかがマンネリ化の原因であるがほとんどです。

 

 

そのため、どんな方法も
「恋愛の初心」を忘れないことが基本になってきます。

 

 

実際に難しく考えすぎる必要はありませんし、
今回紹介していく方法は
それぞれが意識すれば誰でも簡単に出来るものなので、
ぜひ足りていないと思うことから始めてみてくださいね!

 

 

恋愛から離れる時間を意識的に作る

恋愛に限った話ではありませんが、
一つのことに集中しすぎてしまえば
刺激や新鮮さは徐々に薄れていってしまいます。

 

 

だからこそ

  • 一人で過ごす時間
  • 家族や友人との時間

これらを充実させることもマンネリ化防止には効果的です!

 

 

実際に恋愛も、
離れている時間があるからこそ
相手を求める気持ちが生まれたり持続したりするものなので

 

 

自分自身だけでなく、
相手側の気持ちを維持するためにも、
あえて恋愛から離れる時間を
意識的に作っていくことは大切ですよ!

 

 

定期的に「恋人を失う」ことについて考える

カップルのマンネリ化や別れの中で
最も原因として多く見られるのが、
「当たり前になって大事なことを見落としていた」という理由です。

 

 

なんとなく長く一緒にいると

  • 今の状況がずっと続くと錯覚する
  • 彼の気持ちが離れるなんて考えもしない
  • 何かあってもいつも通り仲直りできると思い込む

といった感覚を持ってしまうことが多いもの。

 

 

ですが実際には、そんな保証はどこにもありません。
だからこそ、あえて「失う」ことを考えることで、
「一緒にいられることが当たり前ではない」ということや
「失わないために何ができるか」を考える時間を作ることは、
交際の維持をする上では非常に重要になります。

 

 

もちろん、考えることで不安になり
必要以上に重たくなっては意味がありませんが、、
「危機感を常に持つ」ことも恋愛で必要になるので、
こういった視点も忘れないようにしておきましょう!

 

 

スキンシップを減らさない努力をする

肌を重ねるカップル

男性側の視点で考えた時、
マンネリ化を実感する瞬間として
最も多く意見が挙がるのが、
「性」に関する内容です。

 

 

これは男性の

  • 恋愛に何を求めるか
  • 彼女にどう思われていたいか

などといった感覚にも影響を受けているのですが

 

 

実は女性視点で考えた場合、
スキンシップへの意欲や努力する姿勢を見せて
彼を「男性として求める」という動きを作っていくと、
男性側のマンネリ化の予防や解消に繋がります。

 

 

交際期間が長くなってくると、
新鮮味がなくなってしまうことから
どうしても身体の関係を含むスキンシップは
減少していく傾向にあるため、
そこを維持する努力をしてみるのは効果的ですよ!

 

 

ただ会うだけやとりあえず連絡を取るを避ける

これも恋愛に限った話ではありませんが、
何をするにしても
「惰性」になってしまっては、
当然モチベーションはどんどん下がってしまいます。

 

 

特に男性の場合

  • 意味もなくダラダラ続く連絡
  • 目的もなくただ会うだけの時間

こういったものは徐々に負担に感じてくるもの。

 

 

恋愛観や傾向としても、
女性は「コミュニケーション自体」が目的なのに対し、
男性は「何のためか(何をするか)」を重要視するため、
ここからすれ違いが生まるケースも多いのです。

 

 

比較的男性の中には
「義務的に会ったりLINEをすることに疲れた」
という理由から気持ちが冷める人も多いので、
全てとまではは言いませんが
「理由や意味を作る」という意識も持っておきましょう!

 

 

思いやりと相手の立場で考えることを忘れない

いくら長く一緒にいる恋人であっても、
他人である以上は
最低限の礼儀やマナーは必要ですし
思いやりを持って接することも必須です。

 

 

ただ、知らず知らずのうちに

  • 甘え過ぎてしまう
  • 頼り過ぎてしまう
  • 分かってくれると過信する

などといった状況に陥ってしまう女性も少なくはありません。

 

 

もちろんこれは、心を許せて
信頼ができる彼氏に対してだからなのですが、
逆の立場から見ると「自分本位」に見えたり、
「配慮や遠慮がない」と感じる言動にもなります。

 

 

実際にこういった部分から
「重たい」や「面倒」という印象がついてしまうと、
マンネリ化どころか別れに繋がるリスクがかなり高くなるため、
常に相手の立場でも考える癖はつけておきましょう!

 

 

感謝や愛情を言葉や行動できちんと伝える

感謝の贈り物

「愛情を表現しなくなる」というのは
男性側に多いとよく言われていますが、
その反面「感謝を伝えなくなる」というのは
女性側に多く見られる傾向があります。

 

 

厳密に言うと、
お互いに感謝も愛情表現もしているつもりなのですが、
上手く伝わらなければ不満や負担を感じることに繋がるため、
結果的にマンネリ化に結びつきやすくなるもの。

 

 

いくら彼氏彼女であっても、
何かをしてもらって当たり前ということはないですし、
伝わるように表現しなければ気持ちは伝わらないので、
意識的に伝えることも時には必要なのです。

 

 

頑張りや配慮を評価されないと
「頑張る意味がない」と考えてしまう男性も多いので、
「分かっているだろう」とは考えずに
ちゃんと言葉や行動で伝えてあげてくださいね!

 

 

最低限の女性らしさや恥じらいは常に持ち続ける

男性の恋愛傾向を見ていった時

  • 恋愛初期は女性としての魅力
  • 交際後はパートナーとしての魅力

といった形で重要なポイントが変わってくるのですが

 

 

もちろんこれは、
あくまでも重要視する部分が変化するという話であって、
交際期間が長くなれば
女性としての魅力が減っても問題ないという話ではありません。

 

 

自分磨きについての話でも少し触れていますが、
女性としての魅力は恋愛感情を持つ上での最低条件のため、
女性らしさや恥じらいが失われれば
気持ちが離れていくことには確実に繋がっていきます。

 

 

常に完璧である必要はありませんが、
「服装」や「髪型」、「メイク」はもちろん、
「立ち振る舞い」や「言葉遣い」など、
最低限の女性としての意識は必須ですよ!

 

 

自分の理想や要求を相手に強要しない

好きな人と一緒にいる以上、
「より良い状態」を目指したいと思うのは
決して間違った考えではありません。

 

 

ただし、恋愛はあくまでも
「二人にとって」が重要なのであって、
「自分にとって」で考えるのはもちろんNGです。

 

 

実はよく男性からは

  • 自分が好きで一緒にいたいのか
  • 理想の恋愛のために一緒にいるのか

これが分からなくなって冷めたという意見を耳にします。

 

 

「結婚」などに関しても言えるのですが、
仮に本人に全くその気がなかったとしても、
「自分のことしか考えていない」と思われれば
それだけでマンネリ化が急速に進行するため、
意識無意識を問わず押し付けには十分注意してくださいね!

 

 

このページのまとめ

 

まとめ画像

今回のコラムでは
「カップルのマンネリ化」をテーマに、
その原因と予防や解消の方法を
解説してきました。

 

 

実際にマンネリ化というのは、
カップルにとっては
やはり嬉しいものではありませんし、
避けられるのであれば避けたいものです。

 

 

ただ、見方を変えてしまえば、
慣れや余裕が生まれてくるほどに
二人のお付き合いが安定したという証でもあります。

 

 

どれだけお互いのことが好きで、
一生懸命相手のことを思っていたとしても、
気付く気付かないは別として
大なり小なりは必ずマンネリ化は訪れます。

 

 

ですが

  • 問題にならないレベルに抑える
  • 気付いた時にすぐ対処と修正をする
  • 日頃から恋愛の初心を忘れない

といったことができれば、
決して怖いものではありません!

 

 

むしろ考え方としては、
今の恋愛をもう一つ先のステップに進めるために
二人で乗り越えていかなくてはならない壁
捉えるくらいがちょうどいいのです!

 

 

細かな予防策や解消方法は
それぞれの交際環境によっても変わりますが、
今回お伝えしてきたことを
しっかり理解して動くだけでも十分対処は可能なので

 

 

ぜひ、マンネリ化に悩むくらい
大切だと思える人とこれからも一緒にい続けるために、
一つ一つ確認をしながら挑戦してみてくださいね!

 

 

次のページでは、
片思いや復縁などでよくある
「恋愛対象外からの攻略法」についてを
紹介していきたいと思います!

 

 

次のページはこちらから

 

 

TOPページに戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top