面倒や疲れると感じさせてしまう人に共通するポイントとは?

男性から見て重たいと感じる女性の特徴やLINE

男性に重たいと思われる女性の「LINEや特徴」と「予防、改善方法」

重たい女と思われるLINEや特徴の改善方法のページ内容

 

ここでは、

恋愛の失敗原因にもなりやすい
「重たい」という印象についてを、
LINEや特徴の面から解説していきます。

 

実際に上手くいかなかった恋愛の
およそ7〜8割に関連している
この重たいという印象や感覚ですが、
実は知らず知らずに重たくなっている女性も多いもの。

 

そこで今回は
なぜ重たいと感じるのかという話はもちろん、
重たくならない、または重たいのを治すための
効果的な改善方法などもお伝えしたいと思います!


 

「重たい」と思われるそもそもの原因とは?

恋愛に苦しむ女の子

世の中の恋愛を見ていくと、

「重たい」や「面倒」といった
マイナスな印象が原因で、
上手くいかない恋愛も多いもの。

 

 

  • 付き合えない理由
  • 別れの根本的な原因

これらでも常に上位に入るほど、
恋愛に悪影響を及ぼしやすいのですが

 

 

重たいと感じさせるそもそもの原因は、
「伝える恋愛感情や求めるものが相手の許容量を超える」
このことによって引き起こされます。

 

 

実際に恋愛において、
「相手を思う気持ち=恋愛感情」が
大きいことは決して悪いことではありません。

 

 

ただ、人によって度合いは様々なものの、
実は受け止めきれる愛情には限界値があります。

 

 

そして、この容量を超えてしまい
相手の器から溢れるほどに愛情を注いでしまうと、
本来嬉しいはずの愛情が突如負担やプレッシャーに変わっていく
ため、
そこで重たいという感覚を持ってしまうのです。

 

 

どうしても抽象的は話にはなってしまうので、
より分かりやすくイメージをするために、
喉が渇いている状態で
「手にグラスを持っている」ことを想像してみてください。

 

 

そこに水を注いでもらう時

  • 半分にも満たない量しかもらえない
  • 動かしたらこぼれるくらいに入れられる
  • 溢れているのに注ぐことを止めようとしない

こういった状況になれば決して嬉しくはありませんよね?

 

 

実はこれは愛情でも同じです。
自分の許容量に対して
適度な量を注いでもらう分には嬉しいのですが、
逆に少なすぎたり多すぎれば不満に繋がってしまう
のです。

 

 

ちなみに「重たい」というのは
「多すぎる」場合に発生する印象ですが、
その反対の「少なすぎる」場合には
「軽い」や「満たされない」という感覚が生まれます。

 

 

つまり「好き」という感情は、
伝えすぎても伝えなさすぎてもバランスが取れなくなり
恋愛や関係性にヒビが入りやすくなるのです!

 

 

実際に重たいと感じる代表的なものとしては

  • 他の異性に対する嫉妬や束縛が激しい
  • 恋愛や自分を優先するように求める
  • 思い通りにならないと不機嫌になる
  • 自分の価値観や恋愛観を押し付ける

などといったものが挙げられますが

 

 

案外全く自覚がないまま
重たい言動を見せてしまっている女性も多くいます。

 

 

男女の恋愛観の差はもちろん、
個人差もあるので難しい部分ではありますが、
自分にとっての当たり前は相手にとっての当たり前ではない
という意識は必ず持っておきましょう!

 

 

最低限この感覚は持っておかないと
無意識に重たいと感じさせてしまうリスクが高まるため、
まずはここから始めることが大切ですよ!

 

 

LINEで男性が面倒だと感じてしまう瞬間

スマホをそっとしまう男性

実は連絡手段が

「LINE」に移り変わったことにより、
連絡で重たいと感じる瞬間は
以前に比べて増えました。

 

 

この理由としては

  • 既読や未読が相手に伝わる
  • 連絡頻度が高くなりやすい
  • やり取りのペースが速くなった

などが挙げられますが

 

 

連絡のスタンダードが変わったことはもちろん、
SNSやマッチングアプリの普及などで
ネットを介した出会いが増えたこともあり、
LINEが原因で破綻した恋愛は年々増加傾向にあるのです。

 

 

そこでここでは、
「男性がLINEで重たいと感じる主な瞬間」の
上位3つを紹介したいと思います。

 

 

返信の催促や追撃のLINEが送られてくる

これはもう説明するまでもないですが、
大前提として連絡や返信は
「自分のタイミング」で行うもの。

 

 

そのため、いくら返信が欲しかったり、
連絡を取り合いたいと思っていたとしても、
自分の願望を優先すれば相手の負担に繋がります。

 

 

特に女性の場合

  • 既読や返信が遅かった
  • 返事が来るか不安になった
  • 続く可能性を上げたかった

などといった時に送ってしまいがちですが

 

 

連続で連絡が来るというのは
「返信の負担が増える」ということでもあるので、
余程の理由がない限り
催促や追撃はやめておきましょう!

 

 

探りや気持ちを試すようなLINEが来る

これは「交際中」はもちろん、
「片思い」や「復縁」においても
比較的多い事例ではあるのですが

 

 

気持ちを確認するような連絡だったり、
疑いや不安から探りを入れるようなLINEをしたことで、
好意や不満が伝わりすぎて重たくなるケースも
女性の恋愛の中では頻繁に見られます。

 

 

実際に

  • 私のことどう思ってるの?
  • 他の人ともLINEしてるんでしょ
  • 連絡なかったけど今日は何してたの?

なんて連絡を送ってしまったことで

 

 

一気に男性側が重たさを感じて
引いてしまうケースも珍しくはないため、
重たくならないためにも
感情的になっての連絡は避けるのが無難です。

 

 

意味のないLINEや意図が分からない連絡が続く

実際に好きな人が相手だと、
他愛のない話も含めて
いろんな話をしたいと思うのが
恋愛をしている女性の特徴でもあります。

 

 

ただ、LINEについての捉え方を見ると、
女性はコミュニケーション自体が目的になるのに対し、
男性は「何の連絡か」に目を向けてしまう傾向にある
ため、
実は何気ない連絡にも多少の注意は必要です。

 

 

例えばですが

  • 連絡がダラダラ続いて終わらない
  • 必要性のない連絡が頻繁に来る
  • やたらと質問ばかりされる

といった状況になると

 

 

返事をすること自体に疲れてしまったり
やり取りをするのが面倒だと感じ、
そこから重たい印象に繋がることもあるので、
返してくれるからといってやり過ぎないようにしておきましょう!

 

 

もちろん、これ以外にも
重たいと感じさせるLINEはいくつもあるのですが、
何度も繰り返すことで重たさが倍増するという特徴もあるため、
自分のLINEを見つめ直す瞬間も定期的に作ってみてくださいね!

 

 

一緒にいて疲れると感じる女性の特徴

大好きな彼女と疲れた彼氏

それでは次に、

LINE以外の部分で
重たいと感じる女性の特徴を
男性視点で見ていきましょう。

 

 

もちろん、これも人によって違いますが、
実は重たいや疲れると
彼側が感じる女性には、
いくつも共通点が存在しています。

 

 

そのうちの一つが
自分本位で感情に振り回される女性です。

 

 

実際に恋愛というのは
様々な形で感情が揺れ動くため、
どうしても気分に波が起こりやすく
不安定になってしまうことも多いもの。

 

 

ただ、そこで相手に対して

  • 自分都合な意見を押し付ける
  • 気分によって対応が変わる

といったことをしてしまったり

 

 

彼の発言や行動が
思い通りにならない時に不機嫌さや不満を見せるなどすれば、
当然彼側には負担をかけてしまいます。

 

 

特に女性は男性に比べて
「恋愛では感情的になりやすい」ため、
無意識にそういった対応になっている人も少なくはありません。

 

 

特に男性としては

  • 理解をしようとしてくれない
  • 自分のことしか考えていない
  • こちらの都合や言い分を無視される

といった場合に重たいと感じやすいので注意しておきましょう。

 

 

また、恋愛的なものとしては、
大なり小なりの駆け引きをしてくる女性
重たいと感じる可能性が非常に高くなります。

 

 

よく恋愛では
「駆け引きは重要」なんて言われますが、
正しく理解して適切に行えている女性は
ほとんどいないというのが実情です。

 

 

実際には駆け引きをしているつもりが

  • ただわがままを言っているだけ
  • 無駄に不安や不満を与えているだけ
  • 気持ちの押し付けにしかなっていない

なんて女性がかなり多くいます。

 

 

男性は特有のプライドや考え方などから
気持ちを試されたり遠回しに要求されることを嫌う傾向にあるため、
重たいや面倒だと思われたくないのなら
下手な駆け引きは絶対にやめておきましょう。

 

 

よくあるケースとして

  • あえて連絡のタイミングをずらす
  • 他の男性の影をちらつかせる
  • すぐに「別れる」や「もういい」という発言をする

これらの駆け引きは本当に嫌われるので注意が必要です。

 

 

どちらにも言えることですが、
意識無意識に関わらず
自分のための恋愛になってしまえば必ず重たくなります。

 

 

あくまでも恋愛は
「お互いが幸せを感じられる環境」でないと
絶対に成立しないものなので、
その感覚だけは常に意識をするようにしておいてくださいね!

 

 

重たいという悪印象を予防、改善する方法

お互いを思い合う二人

それでは最後に、

恋愛のアドバイザーという視点から、
重たくならないための
アドバイスをお伝えしたいと思います!

 

 

実際に

  • 重たいと思われたくない
  • 重たさを改善していきたい

といった場合

 

 

最も効果的な方法は、
常に相手の立場からも物事を見る癖をつけることです!

 

 

というのも、重たいと思われる状況のほとんどが
「相手の受け取り方を考えていない」時に起こります。
なので、極端に言ってしまえば、
ここさえちゃんと出来れば重たいと思われることはまずありません。

 

 

 

そのため、何か行動する時に

  • 逆の立場だったとしたらどう思うか
  • 自分がされて(言われて)嫌じゃないか

ここを考えるだけでも随分結果は違ってくるもの。

 

 

ただ、この時に一つ重要なポイントがあります。
それは何かというと
相手は自分と同じ気持ちや考えではないことを
しっかり意識しながら考えることです!

 

 

相談に乗っている中でも
意外とここで間違えている人が多いのですが、
相手が「自分にとって好きな人」だからと言って、
当たり前ですが「相手が自分のことを同じだけ好き」とは限りません。

 

 

結構話を聞いていると

  • 好きな人に言われたら嬉しい
  • 好きな相手だったら受け入れられる
  • 大事なら〇〇と考えると思う

といった意見が出てくることが多いのですが、
これは「前提条件」から間違っています。

 

 

なぜかと言うと、これは
無意識に相手が自分と同じ土俵にいる
考えてしまっていることで、
彼側の目線ではなく自分の目線で考えてしまっているのです。

 

 

実は恋愛をしている女性にありがちなのですが、
自分が恋愛的な視点で相手を見ていた場合、
なぜか「相手も恋愛的な視点で見ている」ことを前提
物事を考えようとしてしまう人が多くいます。

 

 

分かりやすい例として、
まだ相手の気持ちがはっきりしていない
「片思い中の彼への連絡」で見ていくと

 

 

正解の考え方

 

自分は彼のことが好きだけど、
彼の気持ちがまだ分からない以上

  • 自分に恋愛感情がない
  • 友達として認識している
  • まだ興味を持ってくれていない

この前提で考える必要があるため

 

 

もし気持ちがなかった場合のリスクを視野に入れて、
逆の立場で考える時は
「もし興味のない相手からの連絡だったら」
という視点で考えるようにする。

 

 

間違った考え方

 

彼の気持ちはまだ分からないけど、
自分は彼のことを恋愛対象として見ているから

  • 多少なりの恋愛感情はあるだろう
  • 異性としてくらいは認識しているはず
  • 興味は持ってくれていると思う

この感覚で考えてしまうことで

 

 

なぜか相手も恋愛的に見ていることを前提に、
逆の立場で考える時に
「友達以上の関係性の人から連絡が来たら」
という視点で考えてしまう。

 

 

このように、
考え方一つで見え方が全く違ってきますよね?

 

 

基本的に重くなりたくない場合は、
自分よりも相手の気持ちや熱量のレベルを低く見積もる
という視点で考えないと意味がないため、
ここを間違えると「都合良く捉えようとしている」になってしまうのです。

 

 

逆の立場で考えるというのは
言葉にすると簡単そうですが、
実際に正しく行おうと思うと落とし穴も多く、
決して簡単なことではありません。

 

 

もし上手く彼側の立場で考えられない時は、
「好きだった場合」と「好きではなかった場合」など
必ず二つ以上の選択肢や可能性を並べた上で
最もマイナスになりにくい動きを選んでいきましょう!

 

 

重たいと思われないようにするというのは
「自分ではなく彼を中心に考える」ということでもあるので、
ぜひ自分の感情や願望ばかりではなく
相手の気持ちや受け取り方にも目を向けてあげてくださいね!

 

 

今回のコラムのまとめ

 

まとめ画像

今回は

恋愛の天敵とも言える、
「重たい」という印象についてを
解説してきましたが

 

 

恋愛観的にも

  • 生活が恋愛色に染まる女性
  • 生活と恋愛を別枠で捉える男性

この両者を比較すると

 

 

やはり必然的に
女性の方が感情的になりやすいため、
重たくなる危険性も高くなってきます。

 

 

ただ、冒頭でもお伝えした通り、
「恋愛感情が大きい」というのは
恋愛にとっては決して悪いことではなく、
あくまでも「重たいは伝え方、伝わり方の問題」です!

 

 

今回お伝えした

 

  • 恋愛感情や要求が相手の許容量を超えると重たくなる
  • 愛情は少なすぎても多すぎても不満に繋がる
  • 極力返信の催促や追撃のLINEは避けるべき
  • 探りを入れたり気持ちを試すようなLINEはしない
  • 意味や意図の分からないLINEをダラダラ続けない
  • 感情に振り回されたり自分本位になっていないかを気にする
  • 思い通りにならなくても不機嫌さや不満を見せるのはNG
  • 大きさに関わらず下手な駆け引きは行わない
  • 常に相手の立場からも物事を見る癖をつけることが大事
  • 自分と同じ気持ちや考えだと無意識に思い込まない
  • 分からない時は必ず二つ以上選択肢を挙げて考える

 

これらをしっかり頭に入れておけば、
重たい女性になるリスクは大幅に減らせます。

 

 

男性女性を問わず
恋愛はどうしても自分中心の考え方になりやすいので、
重たいと言われた経験がある人や
重たくなりたくないと思っている人は、
しっかり覚えて取り入れてみてくださいね!

 

 

実際に恋愛相談に乗っていると、
失敗した恋愛のおよそ7〜8割に重たいが関係しているので、
恋愛の成功率を高めたいのであれば
重たくならないことは必須だと考えていきましょう!

 

 

次のページでは、
すでに相手のいる男性を
好きになってしまった時の
対処法と攻略法をお伝えします!

 

 

次のページはこちらから

 

 

TOPページに戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top