仕事先での片思いや交際では男性はどう考えて動くのか

職場恋愛における男性心理と見せやすい行動

【職場恋愛における男性心理】脈あり脈なしのサインや行動とは

男性心理から見た職場恋愛の脈あり脈なし行動のページ内容

 

社会人以降の恋愛を見ると、

職場恋愛(社内恋愛)は
今も昔も常にTOP3には入ってきます。

 

そこで今回は

  • 職場恋愛で働きやすい男性心理
  • 好意があると見せやすい脈あり行動
  • 脈なしの時に多く見られる行動

これらをそれぞれ紹介しながら、
男性の本音を掘り下げたいと思います!


職場恋愛で働きやすい男性心理

社内結婚をした二人

一般的な恋愛とは異なり、
どうしても職場恋愛では
様々ことを考えてしまうもの。

 

 

特に男性は
仕事を含む生活全般と恋愛を
切り離して考えようとする傾向があるため、
女性よりもハードルは高くなりがちです。

 

 

そこでまずは、
特に多くの男性に共通する
職場恋愛で働きやすい男性心理を、
いくつか紹介してみたいと思います!

 

 

恋愛や進展に踏み出しにくい

仕事が大切だということ自体は
男性も女性も変わりはありませんが、
仕事への意識の向け方は
男性の方が強いという傾向にあります。

 

 

だからこそ

  • 職場の人に恋愛感情を持つのはどうなのか
  • 付き合った後や別れた後に問題は出ないか

などといったことをどうしても考えてしまいがちです。

 

 

実は意外と多くの男性が
「職場での恋愛=本来ならすべきではないもの」
という認識を持っているため、
普段より慎重になりやすいことは覚えておきましょう。

 

 

立場や周囲の目が気になる

仕事を円滑に進める上では、
周囲からの印象や自分の立場は
非常に重要な要素になります。

 

 

そのため、恋愛を考える時も

  • 仕事上の立場を守れるか
  • 同僚や上司からどう見られるか

などは視野に入れて考えてしまうもの。

 

 

そのくらい男性にとっては
恋愛よりも仕事の優先度の方が圧倒的に高いため、
恋愛感情にブレーキをかけたり
消極的な考えになることも多くなります。

 

 

積極的なアプローチは難しい

困り果てる男性

普段は積極的にアプローチができる男性でも、
職場恋愛となると出来なくなるケースは多々あります。

 

 

その理由としては

  • 引かれてしまえば仕事がやりにくくなる
  • もしかしたら周りにもバレるかもしれない

といったことが脳裏をよぎるからなのですが

 

 

仮にアプローチに失敗したとしても
仕事では今まで通り関わることになるため、
万が一のことを考えた結果、
何も出来なくなる男性も少なくはありません。

 

 

職場の人達には隠していたい

女性からの恋愛相談の中では
「彼が付き合っていることを隠したがる」
なんて悩みを比較的耳にするのですが

 

 

職場恋愛の中では
先ほども触れた「立場」や「周囲の目」も相まって、
恋愛をするにしても極力周囲には隠し通していたい
という心理が強く働きやすくなります。

 

 

ただこれは

  • 周りから根掘り葉掘り聞かれたくない
  • 冷やかされたり何か言われるのが嫌
  • 浮ついた気持ちで仕事していると思われたくない

といった理由であることがほとんどで

 

 

「付き合っていることが恥ずかしい」や
「知られると不都合がある」ということではないので、
その点については安心しておきましょう!

 

 

嫉妬や独占欲が強くなりやすい

職場の中というのは
必然的に多くの人と関わることになりますし、
当然その中ではお互いに
頻繁にやり取りをする異性も出てくるもの。

 

 

これ自体は仕方のないことなのですが

  • 好きな人が他の男性と親しげにしている
  • 彼女が同僚の男性の話をよくする

などといった状況になると

 

 

独占欲が嫉妬心かき立てられ、
「取られてしまう(奪われる)のではないか」という心理から、
不安や焦りが強くなったり、束縛や警戒が激しくなる
という男性も実はかなり多く見られます。

 

 

特に片思い中や交際初期には
こういった男性心理が働きやすいので、
理解をして対応してあげることも
職場恋愛を成功させる上では大切ですよ!

 

 

好意のサインと受け取れる脈あり行動

告白が成功した瞬間

それでは次に、
仕事中や職場の中で
男性が見せてくる好意のサインや
脈あり行動を見ていきましょう!

 

 

ただ、職場恋愛に関しては

  • 仕事上の関係性
  • 個人としての関係性

という複数の関係性が入り混じるため

 

 

ここでお伝えするサインや行動も含め
「どの視点での動きか」が見極めにくく、
思い込みや勘違いが生まれやすい恋愛でもあります。

 

 

そういった特性上、
特定の行動のみを見て判断するのはリスクが高いため、
一つではなく複数の行動を見ながら
総合的に判断することがポイントですよ!

 

 

プライベートな誘いをする

これは説明の必要があまりありませんが、
気になっている人や好きな人に対しては
「より交流を増やしたい」という心理が働くものです。

 

 

だからこそ

  • 食事や飲みに誘ってくる
  • どこかに出かける提案をしてくる

などの「職場の外での接点」を作ろうとしてきます。

 

 

基本的に男性は
何の興味も好意もない女性であれば
わざわざ仕事以外で関わろうとは思わないため、
特別な理由なく誘われるようであれば
脈ありだと判断してもありません!

 

 

自分にしかしない言動を見せる

異性としての好意であったり
恋愛感情を持っている場合というのは、
基本的にそれを意識をして行動してしまうもの。

 

 

そのため、誰であっても

  • 他の人にはしない対応
  • 普段は見せない反応

といったものを無意識にしてしまいがちです。

 

 

好き避け等もあるため
必ずしも好意的に見える言動とは限りませんが、
他の人とは異なる特別な扱いはもちろん、
不自然さや違和感のある言動が多くなるほど
脈ありである可能性は高まりますよ!

 

 

個人的な話や恋愛の質問をする

職場に好きな人がいて
毎日のように顔を合わせるとしても、
仕事の中だけで距離を縮めるのには限界があります。

 

 

また、相手に対して
「もっと知りたい」という心理も働くため、
その分プライベートな話題に触れてきやすくなるのです。

 

 

脈ありでよくあるケースとしては

  • 休日の過ごし方や趣味
  • 彼氏の有無や過去の恋愛話

といったものが話に出てきやすいので、
そこも合わせてチェックしてみましょう!

 

 

休みの日にもLINEやメールを送る

ふとした瞬間の連絡

いくら連絡不精の男性が多いとは言え、
距離を縮めるための手段として
連絡を活用することは多々あります。

 

 

実際に

  • 個人的な連絡先の交換をしている
  • 仕事のメールなどでやり取りができる

といった状況では

 

 

さすがに毎回ではないものの、
仕事終わりや休みの日などに
何かしらの理由をつけて連絡をして
コミュニケーションを取ろうとする男性も多いです。

 

 

この場合の特徴として、
最初は仕事の話題から入り、
その後にプライベートの話題にシフトする
という流れが多いので、
こういった部分にも注目してみてくださいね!

 

 

秘密の共有や相談を持ちかける

話題の一つとして
取り上げられることも多いのですが、
実は「他の人にはしていない話をする」
というのも脈あり行動の一つになります。

 

 

例えばですが

  • 誰にもまだ話していないんだけど
  • 他の人には内緒なんだけど

といった話が出てくるようなら、
好意的なサインである可能性が高まるのです。

 

 

こういった秘密の共有や相談というのは、
特別感を演出するという意味合いの他に
「心を開いている」というサインとしても使われるため、
距離を縮めたい時には出てきやすくなりますよ!

 

 

目で追う、用事がないのに近くに来る

これもよく言われる
脈あり行動の一つではあるのですが、
意識をしている相手というのは
どうしても気になってしまうもの。

 

 

そのため

  • 無意識に動きを目で追ってしまう
  • 話せるチャンスを狙って近くに行く

といった動きをしやすいのも事実です。

 

 

ただ、この行動に関しては少し注意が必要で、
良くも悪くも注目を集めてしまっていたり、
仕事面に不安がある、立場上フォローの必要がある
といった場合には好意とは関係なく同じ動きをします。

 

 

脈あり行動として判断できるのは、
あくまでもこちらの動きや状況とは関係なく、
なおかつ行動が頻繁に見られる時だけなので、
勘違いしないように気をつけておいてくださいね!

 

 

恋愛対象外の時によくある脈なし行動

デートが空振りに終わった女性

今回はせっかくなので、
より脈あり脈なしの判断をしやすいように、
職場恋愛でよく見かける
「脈なし行動」についても紹介したいと思います。

 

 

とは言っても、
男性は分かりやすい動きをする人が多いため、
脈なしの場合の見極めは比較的簡単です。

 

 

ただ、仮に脈なし行動があったとしても、
現時点では恋愛的な意識を持っていないだけで、
脈ありに変わったり恋愛に発展する可能性は0ではないため、
気にしすぎるのは禁物ですよ!

 

 

他の人にも同じ対応をする

彼が女性としての意識や
恋愛感情を持っていない場合、
仮にこちらが好意を持っていたとしても
その時点では他の人と同じ「職場の同僚」です。

 

 

同僚や部下を大切にするタイプや、
人との距離感の近い男性が相手だと、
脈あり行動に近い接し方をしてくる人もいますが

 

 

この時に
他の女性に対しても同様の行動を見せているなら、
特別な感情を持っての行動ではない可能性が高いため、
その場合は脈なしという判断をした方が無難です。

 

 

全体的にリアクションが薄い

気になる人が相手だと
「もっと知りたい」や「会話を続けたい」などの
男性心理が働いてくるため、
全体的に話している時の反応は良いことが多いもの。

 

 

ですが、逆に相手が興味のない人だと、
自分に興味のない話題にはあまり反応してこないため、
リアクションが薄くなることの方が多くなってきます。

 

 

その日の気分等もあるため、
数回の会話では判断はできませんが

  • 話を振ってもすぐに終わってしまう
  • 素っ気ない返事や適当な相槌が多い

といった状況が続くなら脈なしである可能性が高いです。

 

 

仕事に関係のない話は広げない

仕事上での関係性がある以上、
仮に好意が全くなかったとしても
会話を完全に無視することはありませんし、
ある程度のコミュニケーションは普通に取れます。

 

 

ですが、あくまでも
仕事仲間という認識しかないのなら、
プライベートな会話をすることはあっても、
無理に話を広げたり深掘りして聞く必要はありません。

 

 

もちろん、関係を悪くしないために
社交辞令で多少広げてくれる人もたくさんいますが、
脈なしだと仕事以外の話は続かないことの方が多いので、
これも一つの判断基準になってきます。

 

 

複数人での誘いにも乗ってこない

職場の飲み会

好きな人や興味のある人であれば
職場の外でのお誘いは嬉しいものですし、
二人きりでなくともチャンスと捉える男性は多いもの、

 

 

ですが、その一方で
全く興味も好意もない相手であれば、
仕事以外でわざわざ時間を割いてまで関わりたくはない
という考えを持つ男性も少なくありません。

 

 

具体的には

  • 相談を持ちかけても職場でしか聞いてくれない
  • 飲み会やイベントに誘っても参加しようとしない
  • 「時間が合えば」や「機会があれば」と濁される

こういった状況が続くのなら脈なしだと考えられます。

 

 

ただ、予定や都合にも左右される以上、
仮に脈ありでも断らざるを得ない場面も出てくるため、
ここで脈あり脈なしの判断をするのなら
必ず「一度ではなく複数回」でジャッジするようにしましょう!

 

 

質問に対する答えが曖昧

実は脈あり脈なしを調べる時には、
「相手への質問」を使って
判断をすることがあります。

 

 

職場恋愛では「仕事以外の質問」に対して

  • 必要最低限の答えしか言わない
  • 具体的な答えを出してこない
  • はぐらかすような曖昧な答えが返ってくる

こういったことが続くのなら基本脈なしです。

 

 

この理由としては
先ほどお伝えした「話を広げる気がない」こともそうなのですが、
「自分のことを知ってもらいたい」という心理が働いておらず、
自己開示をする意思が見られないことが一番の理由になります。

 

 

例えば「普段休みは何をしてる?」という質問に対して、
「特に何も」や「寝てます」、「普通にのんびり」
などの答えしか返ってこないようであれば、
脈なしである可能性が高いです。

 

 

接する際に一定の距離を保とうとする

「パーソナルスペース」という言葉を
耳にしたことがある人も多いとは思いますが、
実は物理的な距離感でも
好意の度合いをある程度測ることは可能です。

 

 

個人差も大きい分野ではありますが

  • 近付いた分だけ後ろに下がっていく
  • 隣に行くとさりげなく移動して距離を取る
  • 座っている時に背もたれや壁にくっついている

などの行動が見られる場合は要注意。

 

 

基本的に人間は
一定以上の親しさや好意がない相手に
必要以上に近付かれると不快感を感じるため、
物理的な距離は心の壁でもあるのです。

 

 

もちろん、恥ずかしさや緊張から
好きな人とも距離を取ろうとする人もいますが、
その場合は「ぎこちなさ」や「不自然な言動」が見られるため、
自然に離れていく場合には脈なしだと考えておきましょう。

 

 

このページのまとめ

 

まとめ画像

今回は「職場恋愛」をテーマに、
働きやすい男性心理や
脈あり脈なし行動についてを
解説してきました。

 

 

職場は必然的に接する機会が多くなるため

  • 距離を縮めるチャンスが多い
  • 脈あり脈なしを見極めやすい

など、比較的恋愛に繋げやすい環境が揃っています。

 

 

ただ、同時に仕事をする場でもあるため、
男性にとっては恋愛のハードルが高くなりやすく、
行動するにも迷いや不安が生まれやすい場
であることもまた事実です。

 

 

だからこそ、
職場に気になっている人や好きな人がいる場合や、
すでに職場恋愛でお付き合いをしている方は、
ここでお伝えした男性心理は必ず把握しておいてください!

 

 

また、良くも悪くも
顔を合わせる機会が多いからこそ、
失敗するとリカバリーが難しくなったり、
取り返しがつかなくなることも増えてきます。

 

 

脈あり行動のところでも
簡単に触れてはいますが、
特定の行動や一部の言動だけを見てしまうと
勘違いや思い込みで判断してしまいがちなので

 

 

脈あり脈なしのチェックをする際は、
恋愛の視点だけで見ないようにすることが重要です!

 

 

様々な関係性が入り混じるからこそ

  • 好意がないのに脈ありとも取れる動きをする
  • 恋愛感情があるのに脈なしのような行動をする

など、一貫性のない動きになるケースも少なくはありません。

 

 

ただ、一つ一つの発言や行動ではなく
全体を通して彼の対応や反応を見ていけば、
必ず気持ちを表すサインはどこかに現れているので、
冷静に見極めてみてくださいね!

 

 

次のページでは、
恋愛対象になりやすい女性や
付き合った後も愛され続ける女性の
特徴や法則を解説したいと思います!

 

 

次のページはこちらから

 

 

TOPページに戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top