同じ職場の恋人にやきもちを妬く理由と安心させてあげる方法

彼女に嫉妬する彼の男性心理と対処法<<社内恋愛編>>

社内恋愛で嫉妬をしてくる彼の男性心理とその対処法を解説

男性心理から見る社内恋愛での嫉妬と対処の仕方のページ内容

 

ここでは、

社内恋愛中の彼氏の
嫉妬で悩んでいる女性向けに
対処法や男性心理を解説してきます。

 

社会人の恋愛の中では
常にTOP3に入るほど職場恋愛は多いのですが、
仕事上でも一緒にいるということは
それだけ自分の恋人が他の異性と接する姿を見ることにもなります。

 

今回の記事では「男性側の嫉妬」をテーマに、
彼が嫉妬しやすい状況やその際の心理はもちろん、
対処する上で必須となるポイントなどを交えながら
社内恋愛が上手くいくための秘訣をお伝えしていきます!


 

彼が嫉妬してしまいやすい状況やタイミング

切なそうな男性の後ろ姿

職場だからと割り切ろうと思っていても、

ついつい社内恋愛中に
嫉妬をしてしまう人というのは
男性にも女性にも比較的多いもの。

 

 

特に「同じ職場」という環境だと
必然的にお互いの動向を知ることになるため、
その分嫉妬をしてしまう機会も多くなりがちですし、
気になり始めると止まらないという男性も少なくありません。

 

 

そういった不要なトラブルを避けるためにはまず、
男性がどんな時に嫉妬してしまうのか
具体的に把握しておくことが重要です!

 

 

そこでこの項目では、
実際の男性の意見を基に
特に多かった「嫉妬してしまった瞬間」を
3つお伝えしていきたいと思います。

 

1.他の男性と親しげにしている姿を見た時

同じ職場の人と仲良くすること自体は
決して悪いことではないのですが、
そこに恋愛が絡んでくるとなると
やはり相手としてはあまり良い気はしないもの。

 

 

いくら内容は仕事上の話だったとしても、
自分以外の男性と楽しそうに話をしている彼女を見た時に
余計なことを考えてしまう男性は少なくありません。

 

 

もちろん楽しそうにしている以外にも

呼び捨てにしたり下の名前で呼んでいる
軽いボディタッチなどのスキンシップがある
必要以上に近い距離で接している

 

 

こういった状況で嫉妬したという意見は
男性からも特に多く聞かれるものなので、
しっかりと覚えておきましょう!

 

 

2.別の男性社員を必要以上に評価した時

一般的な見方をすれば

職場や仕事上での評価
男性や恋人としての評価

この二つでは当然意味合いは違うもの。

 

 

ただ、男性の中には
その二つを混同して考えてしまう人も
実は意外と多いという傾向にあります。

 

 

だからこそ、
何気なく別の男性の仕事ぶりを褒めたり、
彼自身と比較するような言い回しを使ってしまう
と、
それが引き金で嫉妬に繋がることも珍しくはありません。

 

 

そんなことで?と思ってしまうかもしれませんが、
男性は基本的に
「評価をされたい生き物」だということも、
頭の片隅に入れておきましょう!

 

 

3.仕事関係とはいえ異性と二人でいる時

職場という環境にいる以上、
仕事が最優先だということは
どんな人であっても頭では理解しているものです。

 

 

ただ、いくら仕事上の関係と理解をしていても

別の男性と二人で職場内を歩いている
常に特定の男性と二人で外回りをしている
二人で食事をしながら打ち合わせをしている

 

 

こういった「他の異性と二人で過ごしている姿」を
目の当たりにしてしまうと、
相手の男性の方が自分よりも距離が近いと感じ、
そこから嫉妬に発展してしまう男性も多いようです。

 

 

もちろん、
仕事である以上は仕方のない部分ではありますが、
「必要以上に二人でいる」と感じてしまう男性もいるので
その点には注意をしておきましょう!

 

 

今回は男性からの意見が特に多かったものを
3つピックアップしてお伝えしてきましたが、
なんとなく「大好きな彼がしていたら嫌かも」
感じるようなものばかりだったのではないでしょうか?

 

 

仕事上致し方ない部分も多々あるとは思いますが、
どういったタイミングや状況で嫉妬しやすいのかを
しっかりと把握しておけば予防等にも繋がるので、
ぜひここで覚えておいてくださいね!

 

 

男性心理から見るやきもちを妬いてしまう理由とは?

無事に仲直りができたカップル

では、

実際に社内恋愛中の彼女に対して
嫉妬をしてしまっている男性には、
どのような心理が働いているのでしょうか。

 

 

実はここには、
多くの男性に共通している
ある一つの心理が存在しています。

 

 

それはどんな心理なのかと言うと、
「彼女を他の誰にも取られたくない」という心理です。

 

 

実際には
職場恋愛や社内恋愛に限った話ではないのですが、
本当に好きだと感じている女性に対して男性は

 

 

片思い中
交際中
別れた後

など、どんな場面であっても同様の心理が働いています。

 

 

ただ、これは裏を返してしまうと
「他の男に取られたらどうしよう」という不安や心配からくる感情です。

 

 

もちろんこれは
好きな人がいる女性にも共通する感情ですが、
比較的プライドが高い人の多い男性は
自分の中にその気持ちをしまい込もうとする傾向があります。

 

 

だからこそ

もしかしたらあの男性は彼女に気があるんじゃないか
自分よりもあの男性の方が魅力的に見えているんじゃないか

といったネガティブな想像が膨らんでしまい

 

 

結果として
自信のなさが嫉妬という形で表に出てくる
といった男性が非常に多いのです。

 

 

特に職場という
必然的に異性と関わらなくてはならない環境では、
当然いくら恋人同士であったとしても
相手の異性との関係等を制限することはできません。

 

 

そういった背景もあり、
どうしても不満や不安が蓄積されやすく
嫉妬が強くなってしまいやすい環境であることも事実です。

 

 

どんなに言葉や態度は冷たかったとしても、
嫉妬をしているということは
どんな時でも常に彼女にとっての一番でありたい
という心理が強くなっていることを表しています。

 

 

もちろん、公私混同をしてしまっている
彼が良くないのは事実なのですが、
こういった男性の心理や不安といったものも
ぜひこの機会に理解をしておいてあげましょう!

 

 

対処する上で彼女側が意識すべき必須ポイント

気付いたようにこちらを見る女の子

それでは次に、

彼に嫉妬をされた場合に
意識しておきたい対処法を
お伝えしていきたいと思います。

 

 

と言っても、
ここでお伝え対処法は
決して難しいことではありません。

 

 

まず大前提となるのが、
相手の意見や気持ちを受け止めてあげること!

 

 

女性側にどういった意図があったとしても

彼があなたに対して不満を持っていること
他の男性に対してやきもちを妬いていること

この二つが事実であることには変わりありません。

 

 

もちろん、場合によっては
自分の力ではどうにもならないこともあるとは思いますし、
理不尽な言い分になっている時もあるとは思います。

 

 

ですが、仮にそういった状況であっても
真っ向から否定をするのは極力避けておきましょう。

 

 

というのも、実はここでいきなり否定をしてしまうと

自分のことを後回しにされているように感じる
嫌な思いをさせたことを悪いとすら思っていな
言い訳ばかりで理解しようとしてくれていない

などといった感情が彼の中に芽生えてしまい

 

 

別の形での不満が彼の中に蓄積され、
余計に嫉妬や束縛といったものが強くなったり、
より理不尽な意見をぶつけられるなどの
悪循環を生んでしまう可能性が高くなります。

 

 

「仕事なんだからちゃんと割り切って考えて!」と
彼に言いたくなってしまう気持ちも分かりますが、
一旦はその感情を飲み込んで話し合いの場まで持っていく
という意識を持って対応することが重要です。

 

 

ここで一つ覚えておいてほしいのですが、
彼女に嫉妬してしまっている男性というのは

決して困らせようと思って感情をぶつけているわけではありません。

 

 

一つ前の項目とも重複してきますが

自分が彼女にとっての一番であることを確認したい
他の人のことよりも自分のことを優先して考えてほしい

こういった心理から感情的になってしまっているケースがほとんどなので

 

 

そういった感情を理解した上で、
その時だけは同じ職場の人ではなく彼女としての立場
彼の気持ちと向き合ってあげるようにしましょう!

 

 

細かな対処法に関しては
状況によっても大きく変わってくるため、
一概には何が正解だと言い切ることはできません。

 

 

ですが、ここでお伝えした内容というのは、
嫉妬する彼氏に対処していく上での必須条件になるので、
この部分だけは最低限意識するようにしておきましょう!

 

 

社内恋愛を円満に過ごすための秘訣

幸せそうに笑い合う二人

では最後に、

彼との社内恋愛を順調に進めるために
覚えておいてほしいコツを
お伝えしていきたいと思います!

 

 

同じ職場で恋愛をするというのは

会う頻度が必然的に多くなる
相手の状況や環境の把握をしやすい

といった恋愛にとっての大きなメリットはあるものの

 

 

それと同時に、
ちょっとしたことでも喧嘩やトラブルを引き起こしやすい
といったデメリットも潜んでいます。

 

 

もちろん、本来であれば

仕事とプライベートはきっちりと線引きをしておく
職場の中に恋愛感情や私情を持ち込まない

こういった状態であることが好ましいのですが

 

 

恋愛感情そのものが
非常にコントロールがしにく感情の一つでもありますし、
実際に恋人と顔を合わせる頻度が高い職場恋愛では
お互いに100%割り切ることが難しいのも事実です。

 

 

そのため、職場恋愛を円満に過ごすためにはまず、
彼氏彼女としての信頼関係をしっかりと築いておくこと
非常に重要なポイントになってきます。

 

 

というのも、
繰り返しにはなってしまいますが
嫉妬は恋人への不満や不安が原因であることがほとんどです。

 

 

ただ、この嫉妬という部分に関しては

交際の状態を安定させておくこと
お互いの気持ちを理解しておくこと

この二つができていればある程度軽減することは可能になります。

 

 

そのため、特に彼氏が嫉妬深い人なのであれば、
プライベートで恋人として過ごす中で
日頃から言葉と行動で愛情表現をすること
いつも以上に意識しておく必要があるのです!

 

 

毎日のように顔を合わせるからこそ
ついつい愛情表現も疎かにもなってしまいがちですが、
「彼女なら心配しなくても大丈夫!」といった感覚を
彼に与えることができれば嫉妬されることは随分減るはずです。

 

 

そう思ってもらえて初めて

不要な喧嘩やすれ違いを避けることができる
職場内でも安定した関係性を維持できる

といった良い循環も生まれやすくなっていきます。

 

 

そして、社内恋愛を円満に過ごすために
欠かすことのできないもう一つの秘訣は、
相手に理解してもらおうとするのではなく、
相手を理解することに重きを置いて普段から接すること
です。

 

 

当たり前の話にはなってしまいますが、
仕事に関しても恋愛に関しても
価値観や考え方は人それぞれです。

 

 

そのため、状況によっては面倒でも

職場内や仕事上での異性との関わり方
職場の異性と連絡を取る時のルール
飲み会などの社外での対応の仕方

などを改めて話し合うことも時には必要になります。

 

 

「恋人としての関係性」と「仕事上での関係性」
この二つが共存するからこそややこしくも感じますが、
どちらも大切な彼との関係性であることに変わりはありません!

 

 

せっかく好きな人と
仕事中でも一緒にいられる環境なのだからこそ、
お互いが安心して過ごしていける関係を二人で模索しつつ
公私共に支え合える関係性を目指していきましょう!

 

 

そういった関係を作っていくためには、
嫉妬してしまっている彼に対して
自ら率先して行動してあげることが大切なので、
ぜひ前向きに挑戦してみてくださいね!

 

 

今回の記事のまとめ

 

まとめ画像

いかがでしたか?

今回は社内恋愛で嫉妬をする彼の
男性心理や対処法などについてを
解説してきました。

 

 

嫉妬している状態が続いてしまえば

仕事面に支障が出てくる
職場での人間関係が悪くなる
気まずい空気が続いてしまう

など、正直なところ悪影響しか及ぼしません。

 

 

また、最悪の場合
同じ職場の人たちに迷惑をかける可能性も十分にあるため、
早めに解消しておきたい問題でもあります。

 

 

今回の記事でお伝えしてきた

 

  • 男性が嫉妬しやすい状況やタイミング
  • 社内で嫉妬してしまう理由や男性心理
  • 対処していく上で最低限意識すべきポイント
  • 社内恋愛を成功させるための秘訣

 

これらの内容というのは、
社内恋愛中の彼との関係を安定させる上で
知っておいて決して損はないと思っています。

 

 

嫉妬されて鬱陶しいと感じている人もいると思いますが、
他の男性にやきもちを妬いてしまうほど愛してくれている
という一つの証でもあるので、
大切な彼氏のことをぜひ安心させてあげてくださいね!

 

 

次のページでは、
良いか悪いかは別として
意外と社内恋愛の中でもご相談の多い
「既婚者同士の恋愛」についてを解説してみたいと思います!

 

 

既婚同士なのに脈あり?社内恋愛で見せるサインと男性心理

 

 

職場恋愛は難しい?女性からのきっかけ作りやアプローチ方法に戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top