結婚している男女が職場で見せる好意のアピールとその本音

社内恋愛の中で既婚同士が見せる脈ありサインと心理

【社内恋愛編】既婚者同士の恋愛の実態と男性の脈ありサインや心理を解説!

既婚者の男性心理と社内恋愛中の脈ありサインのページ内容

 

ここでは、

社内恋愛における既婚者同士の恋愛について、
そのきっかけや脈ありサインなども交えながら
解説をしていきたいと思います。

 

実際に世の中の恋愛を見てみても
職場で恋をしている人は男女ともに多いですし、
実は不倫という関係になっている人の多くが
仕事上の関係から発展をしているのも事実です。

 

そこで今回は
既婚男性が見せる好意のサインだけではなく、
そこに隠された男性心理や本音にも触れながら
既婚同士の社内恋愛の実態をお伝えしていきたいと思います!


 

職場内における既婚同士の恋愛の実態

指輪を重ね合う男女

ここ最近の恋愛傾向として

「既婚者同士の恋愛」というものも
かなり多くなってきたように感じています。

 

 

もちろん、見えていなかっただけで
以前からもたくさんあったのだとは思いますが・・・
メディアなどの影響などにより
明るみになることも増えたように思うのです。

 

 

実はそういった中で
既婚者同士の恋が最も発生しやすいのが社内恋愛です。

 

 

実際に僕が普段行なっている
「個別相談」の中でも感じているのですが、
多くの既婚者同士の恋愛というのは

 

 

職場の上司や部下、または同僚
取引先などの仕事関係者

といった方への恋愛というものが
大半を占めているのも事実なのです。

 

 

そのため、良いか悪いかは別として、
仕事先は既婚者の方にとっての出会いの場と言ってしまっても
決して過言ではないように感じています。

 

 

もちろん、職場というのは

必然的に異性と関わる頻度が高くなる
連帯感や親近感といったものを持ちやすい

といったことから、恋愛に発展しやすい環境です。

 

 

実際に過去のご相談のデータを集計してみても、
社会人以降の恋愛に関しては
「職場での出会い」がやはり圧倒的に多いですし、
既婚者の方に限った話というわけではありません。

 

 

ただ、独身の方に比べて既婚者の方は
パートナー以外の異性と触れ合う機会が限定される傾向にあるため、
その分一緒に働く異性に対して
「異性としての魅力」を感じることが男性女性共に多い傾向にあります。

 

 

もちろん既婚者の方の恋というのは、
仮にどういった形を取ったとしても
決して良いものだとは言えませんし、
「不倫」である以上失うものほうが多いのも事実です。

 

 

実際にあったケースを見ても

不倫がバレて職場にいられなくなった
お互いに深入りし過ぎてドロドロな関係になった
家族を失った上で慰謝料まで請求された

などといった状況が決して珍しいとは言い切れません。

 

 

特に徐々に相手への感情が大きくなるという
恋愛傾向を持つ女性にとっては、
感情をコントロールすることが非常に難しく、
公私混同してしまいやすい恋愛になることが多いです。

 

 

誰かを好きになること自体は
決して悪いことではありませんが、
現実から目を背けてしまっては
ただの身勝手な恋になってしまいます。

 

 

お互いが既婚者である以上、
今のままでは身体の関係以上の進展はない恋愛であると同時に、
実際に正式な交際や結婚に発展するケースは
極めて少ないのが現実だということも頭には入れておきましょう。

 

 

好意を持つきっかけや脈ありのサインを知ろう

眩しそうに遠くを見つめる男性

あえて最初の項目では

「既婚者同士の社内恋愛の実態」に触れつつ
現実的な話をさせていただきましたが

 

 

そういった状況だと頭では理解しながらも

自分の中の感情や欲求が抑えきれない
自分のことを一人の男性として見てほしい

などの理由からアプローチをしてくる男性は実際に存在します。

 

 

そこでここでは、
同じ職場の女性に対して
男性が見せる脈ありサインと恋に落ちるきっかけについてを
男性の視点から解説してみたいと思います!

 

 

既婚男性が社内で既婚女性に好意を持つ瞬間

実際に社内の既婚女性を
「異性として意識し始めたきっかけ」の
TOP3をランキング形式でまとめてみると

 

 

接している中で一緒にいると楽しいと感じた時

 

飲み会などで普段とは違う姿を見た時

 

仕事を含め自分を認めてくれていると感じた時

 

 

といった結果になります。

 

 

この結果を見ても分かる通り、
何が特別なきっかけがあったわけではない
という男性が実は最も多いのです。

 

 

もちろん2位の飲み会などで

いつもとは違う私服姿にドキッとした
ほろ酔いになっている姿を見て可愛いと感じた

などがきっかけで意識をし始めたという意見も多いものの

 

 

頻繁に飲み会や懇親会が開催される職場なら別ですが
状況がやや限定的になってしまいますし、
きっかけとなる場を意図的に作るのはやや難しい気もします。

 

 

そういった面を考えると、
彼に好意を持ってもらえる確率を上げるには
普段の仕事の中から接点をしっかりと作っておくこと
非常に重要なポイントになるので覚えておきましょう!

 

 

また、3位にランクインしている
「認めてくれていると感じた時」というのも、
男性としては意識してしまいやすい瞬間です。

 

 

知らないところで自分のことを褒めてくれていた
自分のことを評価し尊敬してくれていると知った

など「自分のことを見てくれている」と感じたことから
好意的な目で見るようになったという男性も多いですよ!

 

 

既婚男性が女性に見せている脈ありサイン

実は脈ありの際に見せるサインや行動については
既婚男性でも独身男性でもほとんど変わりません。

 

 

一般的な脈ありサインとしては

  • 視線を感じたり、目が合う頻度が増える
  • 用があるなしに関わらず近くにいることが多い
  • 仕事面でフォローしてくれることが多くなる
  • プライベートな話題を振られることが増える
  • 体ごと自分の方を向いてくれる
  • LINEや食事の誘いなどが多くなる
  • ちょっとした変化にも気付いてくれるようになる

など、様々なものがあるのですが

 

 

結婚している男性だからこそ見せてくる
サインというのも実は存在しています。

 

 

それは何かというと、
家庭や夫婦仲が上手くいっていないことを伝えてくる
といったものです。

 

 

もちろん「純粋に上手くいっていない」というケースもありますし、
単純に悩みを打ち明けているだけの可能性もありますが、
細かな内容まで個人的に伝えてくるようであれば
脈ありである可能性はグッと高まります。

 

 

彼女がいる男性にも共通していますが、
相手との不仲をアピールしてくるというのは
「パートナーがいる人ならでは」のサインになるので、
頭の片隅に入れておきましょう!

 

 

職場で見せる男性の脈ありサインについては
こちらの記事でも詳しくお伝えしているので、
興味がある方はチェックしてみてくださいね!

 

 

結婚しているのにアプローチする男性心理や本音とは?

腕時計を付けた男性の手

では次に、

自分自身も既婚者なのに
結婚している女性にアプローチをしてくる
男性の本音や心理を見ていきましょう!

 

 

実は既婚男性からのアプローチというのは
純粋な恋愛感情だけではなく、
様々な心理が複雑に絡んでいるケースが非常に多く見られます。

 

 

その中でも最も強く働きやすいのが
旦那やお父さんではなく一人の男性として見られたい
という心理です。

 

 

もちろんこれは女性でも同じですが、
いつまでも異性として扱われていたいという気持ちは
誰しもが心の奥では持っているもの。

 

 

特に結婚をしてしまうと、
どうしても夫婦間では異性としての感覚が
徐々に薄れていってしまうため、
余計にその心理は家庭の外に対して働くようになっていきます。

 

 

それに加えて男性は
承認欲求が強い割に自己肯定感が低いタイプが多いため、
「まだまだ俺は男としてもいけるんだ」という自信を
異性から求められることで得ようとする傾向が強くなるのです。

 

 

また、様々な不倫のケースを見てみると、
結婚している男性というのは
独身の女性ではなく既婚女性にアプローチをしやすい
という傾向が見られます。

 

 

これは当然のことながら
全てのケースに当てはまるとまでは言えないものの、
この部分にも男性ならではの本音が隠されているのです。

 

 

実は既婚者である男性の多くは
「恋愛がしたい」や「彼女がほしい」と思っているわけではありません。

 

 

もちろん「女性としての魅力」を感じていることには変わりありませんし、
少なからず「好き」や「一緒にいたい」という気持ちは持っています。

 

 

そのため

独占欲
嫉妬心

といった感情が表に出てくることはあるものの

 

 

現実的に物事を捉えるタイプが多い男性は、
家庭とは別に男女として過ごせる割り切った関係や環境を求めて
アプローチをしていることがほとんどなのです。

 

 

当たり前の話かもしれませんが、
自分がすでに結婚をしている以上、
どこまで行っても「一緒になることはできない」ということを
男性側も重々理解しています。

 

 

また、既婚者である以上

家族や周囲にバレてしまうリスク
相手に必要以上に踏み込まれるデメリット

といったものも当然のことながら考えるもの。

 

 

それらを総合的に考えた時、
相手も既婚者であればお互いにバレないようにすることができ、
お互いの家庭を壊すような関係性を求められることはないだろう

という結論に至るのは決して不自然なことではないのです。

 

 

女性にとってはがっかりするような話だと思いますし、
身勝手な意見だと感じるかもしれませんが、
余程のことがない限り既婚者同士の恋愛では
男性の中にこういった心理があります。

 

 

事実、多くの既婚者との恋愛を見ていくと、
女性が本気になりすぎたことが原因で関係が終わっている
というケースが圧倒的に多いのです。

 

 

もちろん極々稀にではあるものの
離婚をしてでも一緒になろうとする男性はいます。

 

 

ただ、アドバイザーとしてのこれまでの経験上
あえて数字を出してお伝えするのであれば、
その可能性は「1%にすら遠く満たない確率」です。

 

 

女性には厳しい内容になってしまいますが、
既婚者同士の恋愛の場合
「脈ありサインがある=恋人になりたい」とはまた違うことも多いので、
そういった男性の心理や本音も先に理解をしておきましょう!

 

 

社内恋愛でのトラブルを未然に防ぐために

メモを取る女性の手元

それでは最後に、

既婚者同士で恋愛をする際、
社内恋愛でトラブルを防ぐために
意識すべきポイントをお伝えしていきます。

 

 

どうしても「お互いが結婚している」
という部分にばかり目が行きがちですが、
「二人が同じ職場内で働いている間柄」であることにも
やはりしっかりと目を向けなくてはなりません。

 

 

実は社内恋愛というのは、
日頃から顔を合わす機会が多いからこそ、
自分自身の感情の制御や抑制が上手くできない
ことも多く、
それによるトラブルを引き起こしやすいという特徴を持っています。

 

 

もちろんこれは良い方向にいけば

お互いに好きという感情が大きくなりすぎる
仕事中でも傍にいたいという感情が強くなる

などの「恋愛として嬉しい状況」にも繋がりますが

 

 

当然悪い方向にいってしまうと

相手への独占欲や嫉妬心が強くなる
悲しみや怒りという負の感情が表に出やすい

といった悪循環も生み出しやすくなります。

 

 

ですが、やはり職場恋愛である以上、
お互いに仕事上での立場や周囲の評価も大切になるため、
どちらか片方でも悪い方向へ暴走してしまえば
一気に関係性自体が破綻する可能性も大いに秘めているのです。

 

 

また、仕事の場で
恋愛感情に起因する言動を見せてしまえば、
当然一緒に働いている人に勘付かれるリスクは高まります。

 

 

特に男性は
周りからの目をものすごく気にする傾向にあるため、
自分ではそのつもりが全くなかったとしても
彼が危ないと感じてしまえばトラブルの原因にもなりかねないのです。

 

 

特に女性側が感情的になってしまうケースが多いので、
そういった意味では難しいかもしれませんが
仕事とプライベートの棲み分けをしっかり意識しておくこと
トラブルを未然に防ぐ上では必須になります。

 

 

そしてもう一つ
必ず肝に銘じておかなくてはならないことがあります。

 

 

それは何かというと

自分や相手のパートナーやお子さん
同じ職場で働く彼以外の人達
お互いの友人など交友関係のある人物

こういった方々の気持ちなどもしっかり考えるということです。

 

 

ただ周りにバレなければ良いというわけではなく、
絶対に誰にも迷惑をかけない恋愛でないと
既婚者同士での社内恋愛は続きません。

 

 

そもそも不倫というのは不法行為に該当します。
世間的に良いイメージがないのではなく、
本来ならしてはいけない恋愛なのです。

 

 

それなのにも関わらず、
その恋愛に関する感情や言動で
同じ職場の人や周囲の人に迷惑をかけるようであれば、
誰からも理解してもらえないどころか多くのものを失う結果になります。

 

 

既婚者が絡み、尚且つ職場という環境の中での恋愛は、
お互いに割り切れなければ絶対に上手くいかない
くらいの感覚を持っておくこと最低条件です!

 

 

最悪の場合
今の仕事や立場を失う可能性も0ではないので、
その辺りのリスクからも目を逸らすことなく
お互いにしっかりと線引きしていくことが重要ですよ!

 

 

今回の記事のまとめ

 

まとめ画像

いかがでしたか?

今回は職場内における
既婚者同士の恋愛についてを
様々な角度から解説しました。

 

 

もちろん、いくら結婚をしていたとしても
誰かを好きになってしまうことはありますし、
お互いが既婚同士であっても
男女として心が惹かれあうこともあるとは思います。

 

 

でも、アドバイザーとしての本音で言うなら
いくら脈ありでも既婚同士での恋愛はしないほうが良い
というのが正直な意見です。

 

 

今回の記事では

 

  • 社内恋愛における既婚者同士の恋愛の実態
  • 既婚男性が見せる脈ありサインや好意を持つきっかけ

 

といった内容もお伝えしてきましたが、
本当にしっかりと頭に入れておいてほしいのは
むしろその後でお伝えしてきた

 

  • 既婚者なのにアプローチをしてくる男性の心理や本音
  • 社内恋愛でトラブルを未然に防ぐためのポイント

 

この二つになります。

 

 

なぜなら、仮にいいなと思っている職場の彼が
様々な脈ありサインを送ってくれていたり、
猛烈なアプローチをしてくれていたとしても
最終的にはほぼ100%の確率で自分が傷つく恋愛になるからです。

 

 

どうしても恋愛観の違いから、
時間が経つにつれて女性側がのめり込んでしまう傾向が強いので
自分の感情にばかり囚われてしまうのではなく
しっかりと現実を見ながら考えてみてくださいね!

 

 

次のページでは、
今回の記事とも重複する部分は多いのですが、
「職場で既婚男性に恋をしている女性」向けに
注意点やリスクなどを交えたアドバイスをお伝えしたいと思います!

 

 

 

 

職場恋愛は難しい?女性からのきっかけ作りやアプローチ方法に戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top