会えないのにやり取りも疎遠に・・・その原因と対処の仕方

連絡頻度が減った場合の対処法とその理由<<遠距離編>>

遠距離恋愛中の連絡頻度と減ってしまった場合の対処法!

遠距離で連絡頻度が減る理由と対処法のページ内容

 

ここでは、

遠距離恋愛というテーマには
非常に関連性が深いとされる、
連絡頻度についての内容を解説していきます。

 

彼からの連絡が少ないと感じたり
コミュニケーションの機会が減ったとなれば、
当然不安にもなってしまいますし
無意識に重たい言動を見せてしまったりするもの。

 

そこで今回の記事では
男性に多く見られる連絡が減る理由はもちろん、
その際にまずすべき対処法などを交えながら
具体的なアドバイスをお伝えしていきたいと思います!


 

連絡頻度と愛情は比例するの?

水面に浮かぶカラフルな花びら

遠距離恋愛中は
連絡頻度
連絡密度

これらがどうしても気になってしまうもの。

 

 

やっぱり好きな人とは
密に連絡を取っていたいですし、
あまりに返信がない状態なら
不安にもなってしまいますよね。

 

 

一般的な話をすれば、
連絡頻度と恋愛感情は完全には比例しない
というのが基本的な考え方で問題はありません。

 

 

好きだという気持ちが大きいほど
LINEや電話などを通して
繋がっていると感じていたいという心理も働くため、
全く関係がないとは言い切れないものの

 

 

その時々の状況や置かれている環境によっては
気持ちの大小に関係なく
頻度や密度にも差が生まれてくるため、
一概に比例するとも言い切れないものなのです。

 

 

ただし、遠距離恋愛に関して言うならば、
近距離での関係性に比べると
連絡頻度が愛情を示す割合は高くなりがち。

 

 

もちろん人それぞれで個人差はあるので

遠距離恋愛なら毎日連絡を取るべき
離れていても連絡は必要な時だけで良い

など、様々な価値観や考え方はあると思いますし

 

 

いくら遠距離恋愛であっても
連絡を最優先にできない状況や環境はあるため、
その辺りへの理解や配慮も
忘れてはならないものではありますが

 

 

普段会うことができない環境である以上、
二人の接点やコミュニケーションの大半が
LINEや電話などの連絡のみで成り立っている
ため、
やはりその分比重は大きくなっていると思うのです。

 

 

ただし、その一方で
「遠距離恋愛が上手くいくかどうか」に関しては
連絡頻度が高ければ良いというわけでもなく、
あまり依存していないように僕は感じています。

 

 

実際にご結婚された方々を見てみても

毎日1〜2通程度のやり取りだけだった
3日に1回電話をしてLINEはほぼしなかった

というカップルも実はかなり多いのです。

 

 

連絡頻度が高く密度も濃ければ
それ自体が一つの安心材料にはなるものの、
お互いまたはどちらかが無理をしている状態では
最終的にその負担から気持ちが離れていってしまいます。

 

 

そういった意味では
あまり連絡頻度にはこだわり過ぎず、
二人のタイミングが合えばその時にたくさん連絡を取る
といった感覚の方が良いのかもしれません。

 

 

どうしても周りのカップルと比較をしたり
自分自身の感覚だけで考えてしまいがちですが、
お互いにとって無理のない連絡ペースを見つけることが
何よりも大切なことなので覚えておいてくださいね!

 

 

LINEなどが減る理由とよくある原因

悲しげにうなだれる女性

一つ前の目次では、

遠距離恋愛中は近距離に比べて
連絡頻度が愛情に影響されやすいと
お伝えしてきましたが

 

 

もちろん、
恋愛感情とは全く関係のないところで
連絡が減っている可能性も十分考えられます。

 

 

そこでここでは、
一つ前の目次の補足的な意味合いも兼ねて、
男性からの連絡が減る理由の中で
気持ちとは無関係なものを3つ紹介していきます!

 

 

1.仕事が忙しくて意識が向かない

 

連絡頻度が下がる原因として
実は最も多く見られるのが、
仕事や忙しさに追われている状況です。

 

 

一般的に男性は
一つのことに集中すると周りが見えなくなりやすい
なんて言われることが多いのですが、
実はこれは彼女に対してもでも同じなのです。

 

 

毎日仕事や時間に追われていると
どうしても目の前の処理に頭がいっぱいになり、
連絡をする余裕がないのではなく
連絡をするという行為自体に意識が向かなくなります。

 

 

これは気持ちが離れたわけではなく
恋愛そのものに目を向ける余裕がないという状態なので、
余計な負担を増やさないためにも
少し見守ってあげるくらいのつもりで対応していきましょう!

 

 

2.関係性が落ち着いてきた

 

よく交際についての話の中で
「3ヶ月くらいしたら彼が冷たくなった」
なんて話を聞くのですが、
実はこれも気持ちが冷めたわけではありません。

 

 

というのも、
交際前から交際当初に関しては
男性はいつもよりも頑張って連絡などをしています。

 

 

そしてこれは遠距離恋愛でも同じです。
ある程度お付き合いをしていることを実感し、
二人の関係性が安定してこれば
少しずつ彼は普段通りに戻っていくのです。

 

 

遠距離恋愛の場合だと
この状態になるまでの間隔が長くなることも多く、
それが普通のように感じてしまいがちですが、
どこかで安定してくる時期は訪れるので覚えておきましょう!

 

 

3.一人の時間を大切にしたい

 

女性の中には
いまいちピンと来ないという方も
いらっしゃるとは思いますが

 

 

男性にとっては
「プライベートの時間=一人の時間」
という感覚が強く、
彼女との時間はまた別物だったりします。

 

 

男性目線で考える一人の時間というのは

何にもとらわれずにリラックスできる時間
趣味などに打ち込むストレス発散の時間

といった意味合いが強く

 

 

その時間があるとないとでは
やはり精神的にも大きく違ってきますし、
一人の時間を過ごしている時はあまり連絡もしないので、
そういった男性の性質も理解してあげてくださいね!

 

 

僕は男性なのでもちろん経験はありますし
連絡が減ってしまう男性の気持ちもよく分かるのですが、
「なんて自分勝手なんだ!」と思ってしまう
女性ももしかしたら多いのかもしれません。

 

 

ただこれらのことは基本的に
彼女のことを信頼し、理解してくれると感じるからこそ
見せることができる一面でもあるのです。

 

 

こういった時に
連絡を催促したりしてしまうと
彼の感じる負担が倍増してしまうので、
一歩下がってそっと見守ってあげてくださいね!

 

 

最近やり取りが少ないと感じたらまずすべきこと

風船を手に浜辺を歩く女の子

それでは次に、

連絡が少なくなってきた時には
具体的にどういった対応をすべきか
についてお話をしていきます。

 

 

おそらくこの記事を読んでくださっている方が
最も不安・・・というか心配なのは、
気持ちが冷めたことで連絡が少なくなったのでないか
という部分なのではないでしょうか。

 

 

あまり不安を煽るようなことは書きたくありませんが、
正直に言えばその可能性も十分に考えられます。

 

 

「好きな人と連絡を取り合っていたい」
この前提がなくなってしまえば
必然的にLINEや電話に対する反応が
薄くなっていってもおかしくはないですよね。

 

 

ただし、これが一時的なものなのか
慢性的なものなのかはすぐに判断はできません。
そこでまず最初にすべきことというのは
連絡が減った時期の特定と原因の解明なのです!

 

 

例えばですが、
「ある特定の時期を境に連絡が減った」
という状況であれば、
十中八九その前後に何かしらの原因があるはず。

 

 

もしかしたら知らず知らずの間に

不快な思いをさせてしまっていた
負担になるような発言をしていた

という可能性も決して0ではありませんよね?

 

 

実際に連絡が減った原因について話をお聞きしていると、
喧嘩やすれ違いが原因になっていることも非常に多く
自分の中では解決したと思っていても
彼の中ではモヤモヤが残っているなんてこともよく見かけます。

 

 

そういった小さな行き違いから
一時的に気持ちが冷めてしまい、
連絡が少なくなっているというケースも
遠距離恋愛では決して少なくはありませんし

 

 

その状態を放置したまま
連絡が減ったことに対する不満をぶつけてしまい
結果としてさらに状況が悪化したり
本当に彼の気持ちが離れてしまうケースも実は多いのです。

 

 

そしてもう一つ、
意外と女性が見落としがちなのが、
あなたが先に不安にさせてしまったことで
彼からの連絡が少なくなっている可能性
について。

 

 

自分は普段通りに接していると思っても、
どことなく返信や対応が冷たいと感じたり
そっけない反応しかしてくれなくなったと感じれば、
彼も同じように不安になります。

 

 

その結果
「彼女の気持ちが離れている」と勘違いさせてしまい、
意図せず彼が連絡をしにくい環境を作り出している
なんてことも実は珍しいことではないのです。

 

 

ここで重要になるのは
相手側に理由があると考えるのではなく、
自分にも原因があるのではと疑って考えること!

 

 

遠距離恋愛に限らずどんな恋愛も
彼とあなた二人がいて成り立つものだからこそ、
どちらか一方に決めつけて考えるのは
あまり良い方法とは言えません。

 

 

連絡を増やすためのアプローチをする
彼に理由を聞いて改善できるよう努力する

もちろんこれらの行動も大切ですが、
後述するように「重い」と感じさせてしまうリスクもあります。

 

 

まずは自分の中でしっかりと
きっかけになった出来事や原因がないかを探し、
思い当たるものがあるのであれば先に改善する。
そんな意識を持つようにしておきましょう!

 

 

遠距離だからこそ気をつけておきたい注意点

二人の手で包むFOREVERの文字

それでは最後に、

遠距離恋愛だからこそ
絶対に避けておくべきポイントについて
お伝えしていきたいと思います。

 

 

他の記事でも書いていますが、
遠距離恋愛は連絡が主な接点になる以上
必ず気をつけておくべき点があります。

 

 

その避けるべき点は何かというと、
彼に重たい女性だと思われてしまうことです!

 

 

もちろん、すぐに会える環境であっても
重たいと思われて良いことはありませんが、
遠距離恋愛では特に注意をしておきたいところ。

 

 

これはなぜかと言うと、
連絡を通したやり取りが接点のメインになる以上、
重いと思われてしまえば
二人の接点が激減する危険性があるからです。

 

 

実際によく見られるのは、
寂しさや不安から何度も連絡してしまったり、
返信や反応を最速するような内容を送っているケース。

 

 

女性側からしてみれば

少しでも彼とやり取りを通して繋がっていたい
会えないからこそ連絡だけはなるべく取っていたい

こういった意図で伝えていたとしても

 

 

男性からしてみると
意見や価値観を押し付けられているように感じたり、
もっと構ってほしいという意志表示に見えてしまって
面倒だと感じてしまうことも多々あります。

 

 

もちろん、女性だけではなく
男性側がこういった言動を見せることもありますが、
連絡をすることが義務的になってしまえば
その分連絡頻度は確実に下がっていくものです。

 

 

今までは

好きな人と連絡を取り合いたい!
少しでも彼女の声が聞きたい!

なんて思っていた彼も

 

 

LINEや電話を強要されることで

彼女から連絡が来たら返さなくてはいけない
時間がある時は電話をしなくてはならない

などといった感覚に変わっていってしまうのです。

 

 

この状態に陥ってしまうことで
連絡をすることや取り合うことに対して消極的になり
どちらかが主張すればするほど連絡頻度が下がるという
悪循環に陥ってしまうことは決して珍しいことではありません。

 

 

当然のことながら
遠距離恋愛中に連絡がほぼ取れない状態になれば、
二人の関係性は距離感は離れていく一方。

 

 

こういった状況が続いていけば

既読スルーや未読スルーが頻繁に発生するようになる
電話をかけても出ないし折り返しも一切してこない

といった状態になる可能性も十分にありますし

 

 

最悪の場合、
音信不通になってそのまま自然消滅する
なんてケースも実際には多数存在するのです。

 

 

どれだけ相手のことが好きで
不安や寂しさを感じてしまっているとしても、
それを一方的に相手に押し付けてしまえば
相手の気持ちはどんどん離れていってしまいます。

 

 

そうなればますます不安にもなりますし、
焦りや疑いといった感情も生まれてくるため、
「不満をぶつけることで相手にも不満を持たせてしまう」
という負のループにはまってしまいやすいのです。

 

 

また、遠距離恋愛中は
自らの印象を変える方法が限られてしまう分、
一度ついた悪い印象を払拭するのはかなり難しい
ため、
リカバリーが難しい環境でもあると言えます。

 

 

特に「連絡」という面は
近距離遠距離に関わらず
考え方や価値観の相違が生まれやすい部分なので、
必ず注意をしておきましょう!

 

 

重くならないためのポイントは

  • 自分の気持ちや意見を相手に押し付けないこと
  • 相手の考えや環境などをちゃんと理解していくこと

この二つが非常に重要です!

 

 

自ら関係性を崩す原因を作ったり
彼の気持ちを冷めさせてしまわないためにも、
彼の立場や目線でもしっかり考えながら
重たくならないように注意していってくださいね!

 

 

今回の記事のまとめ

 

まとめ画像

いかがでしたか?

今回は遠距離恋愛中の連絡頻度が
減ってしまう理由や対処法などについて
解説してきました。

 

 

記事の中でもお伝えした通り、
連絡頻度が愛情の大きさに
必ずしも直結してくるわけではありませんが、
連絡が遠距離恋愛の生命線であるのは間違いありません!

 

 

だからこそ

 

  • お互いに負担のないペースを見つけていく
  • 恋愛感情以外の減る理由を把握しておく
  • 連絡が少なくなったら時期と原因の特定をする
  • 相手だけではなく自分にも原因がないか確認する
  • 重たいと思われる女性には絶対にならない

 

こういった部分を意識するのは
遠距離恋愛の中では非常に重要です!

 

 

どんな状況の恋愛であっても
お互いを尊重し理解し合える関係を作ること
長続きする関係には必要不可欠ですし

 

 

普段会えないからこそ
いつも以上に気にすべきポイントでもあるので、
必ず覚えておいてくださいね!

 

 

次のページでは、
遠距離恋愛での倦怠期の特徴や、
その乗り越え方などについてを
お伝えしていきたいと思います!

 

 

遠距離恋愛の倦怠期はいつ頃?別れないための乗り越え方

 

 

 

遠距離恋愛やネット恋愛を成功させたい女性向け記事12選に戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top