離れて暮らす彼とはどのくらい会ってどう過ごすべきなのか!

遠距離恋愛中の彼とのデートや会う頻度を詳しく解説!

遠距離恋愛カップルの会う頻度ってどのくらい?

遠距離恋愛の会う頻度やデートのポイントのページ内容

 

ここでは、

遠距離恋愛中の会う頻度や
デートに関する内容についての内容を
お伝えしていきます!

 

今回は質問されることの多い
遠距離カップルの平均的なデート頻度や、
お泊まりデートについても
一つ一つ触れていきますが

 

それ以外にも僕が特に重要だと感じている
会えた時に意識しておくべきポイントや、
彼との会った時に使える簡単なテクニックなども
紹介していきますので参考にしてみてくださいね!


 

平均的な会う頻度はどのくらいなのか

湖畔で寄り添う仲良しカップル

遠距離恋愛中は

どのくらいのペースで
彼に会うのが良いんだろう?と
考えたことがある人もきっといるはず。

 

 

もちろん、好きである以上は
「なるべくたくさん会いたい!」と
思うのも自然なことなのですが・・・
現実的には難しいことも多いですよね。

 

 

実際に様々な遠距離カップルに
お話を伺ってみても、
二人の距離や状況によって
会う頻度にも大きな差が生まれています。

 

 

比較的近い距離で交通の便も良ければ

2週間に1度は会っている
月1でデートしている

なんて人達も多いのですが

 

 

ある程度離れた場所で暮らしていると

3ヶ月に1回くらいは会えるようにしている
半年に1度、年に2回会えれば良いほう

というカップルも決して少なくはないのです。

 

 

よく質問をされるのでお答えしておくと、
遠距離恋愛中のカップルの会う頻度は
平均的には1〜2ヶ月に1回程度となっています。

 

 

ただ、全員が全く同じ条件ではないため、
あくまでも全体的な平均値だということは
忘れないようにしておいてくださいね!

 

 

実際に二人が会う際には

会うまでにかかる時間
移動しなくてはならない距離

こういった部分も気になるところですが

 

 

遠距離恋愛で考えた時、
最も意識しておくべきことはやはり
デートにかかる金銭的な負担
という部分だと僕は思っています。

 

 

場合によっては会うだけでも
1回数万円は必要になるケースもあるため、
お互いが無理をしない範囲にしておかないと
二人の関係自体が長続きしなくなってしまうのです。

 

 

それこそ1回で3万円かかるとなれば
月1回程度が限界な人も多いでしょうし、
それ以上の費用が必要になるなら
もっと頻度は少なくなってくるはず。

 

 

「会いたい」や「寂しい」といった気持ちも
十分に理解することはできるのですが、
お互いにとって負担にならない頻度にするというのも
遠距離恋愛では最低限必要な配慮なのです。

 

 

そういった意味で考えると
周りのカップルや平均値などには惑わされず、
自分たちにとって最適なペースを一緒に考えること

何よりも重要なポイントになるとも言えます!

 

 

状況次第な部分も大きいですが、
「平均的な頻度=最適な頻度」では決してありません。

 

 

自分自身のことはもちろん、
彼のこともしっかりと理解した上で
負担のない形を作っていくようにしてくださいね!

 

 

遠距離だからこそ会える時間は大切に!

彼女を抱きしめる男性

会えない日々の中での

寂しさや虚しさを感じるのは
男性であっても同じです。

 

 

そのため、
ようやく会えるというデートの日は
お互いにとって待ちに待った大切な日
だとも言えますよね!

 

 

どういう形であっても
好きな人にやっと会えると思ったら
ついつい嬉しくなってしまうもの。

 

 

そして、今まで会えていなかった分を
その日で取り戻したいという心理が少なからず働くため、
どうしても期待し、楽しみにしてしまうものなのです。

 

 

そのため、
彼と久しぶりに会う時はまず
お互いが楽しいと思える時間を一緒に作る
ということを大前提に考えていきましょう!

 

 

もちろん女性の中には

ただ会えるだけで嬉しい
一緒にいられるだけで幸せ

と感じる人も少なくないと思います。

 

 

ただ男性にとしては

会うからには何かしらの結果を残したい
せっかく会えるのだから充実した時間を過ごしたい

なんてついつい思ってしまうもの。

 

 

こういった男性の気持ちや心理を
満たしてあげられるようなデートにするには、
一緒にいるとやっぱり楽しいなと思ってもらえるような
時間を作っていくことが最も効果的なのです!

 

 

当然その反面、
お金も時間もかけて会いに来ている分、
喧嘩をしたりつまらないと感じさせてしまえば
今後の会う頻度は確実に少なくなってしまいます。

 

 

これはきっと女性側でも同じですよね。
せっかくいろいろと予定を調整して
彼と会うためにお金も溜めていたのに、
いざ会ってみたら全然楽しくなかった。

 

 

そんな状態になってしまえば
会うことの嬉しさよりも
そこに至るまでの苦労や大変さばかりが目につき

会うことに消極的になってしまいやすいのです。

 

 

普段なかなか会えないからこそ、
一回一回のデートを大切にしながら
感謝の気持ちを忘れずに彼と接していきましょう!

 

 

自分と同じように、
彼もあなたに会うために
様々な努力をしてくれていたはずです。
それは決して当たり前なことではありませんよね?

 

 

そういった彼の頑張りや心遣いが
「意味のあるものだった」と思ってもらうためにも、
お互いにとって充実した価値のある時間になるように
しっかりと意識をしておきましょう!

 

 

デートで使える愛されテクニック

彼女の頭にキスをする彼氏

それでは次に、

久しぶりに彼に会った際に使える
効果的なテクニックを
少しお伝えしておきたいと思います。

 

 

ですが、その前に一つだけ
全体を通してのアドバイスを
伝えさせていただきます。

 

 

遠距離恋愛の場合は
「会っている間にたくさん愛情を伝えてあげる」
この意識をどこかで持っておいてほしいのです!

 

 

今回お伝えする3つのテクニックは、
その中でも実際に男性が
「嬉しい」と感じやすいものを厳選してみたつもりなので
ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

 

1.会えた瞬間は思いっきり喜びを表現

 

久しぶりに大好きな彼に会うと
ついつい緊張してしまったり恥ずかしくなったりして、
最初は上手く接することができないなんて女性も
意外と多いのではないでしょうか。

 

 

実はこれ非常にもったいないのです。
なぜかと言うと、相手の感じ方しだいでは
「せっかく会えたのにあまり嬉しそうじゃない」と
勘違いをされてしまう可能性もありますよね?

 

 

そうなってしまわないためにも
勇気を出して会えて嬉しいという気持ちを
しっかりと彼に伝えてあげてほしいのです!

 

 

実はデートの初めの印象というのは
その後の流れにも大きく影響します!

 

 

表現の仕方は様々ですが
言葉や行動を通してしっかりと伝えてあげれば、
彼もかなり喜んでくれると思いますよ!

 

 

2.途中は彼を尊重しつつ笑顔を絶やさない

 

一つ前の項目とも重なりますが、

一緒にいると楽しい
一緒に過ごせて嬉しい

こう思ってもらうことができれば、
必然的に彼と会う頻度は増えていきます。

 

 

そして、そう思ってもらうためには
彼の気持ちや意見などを尊重しながら、
あなた自身が楽しそうに笑って過ごすこと!

これが最も効果的な方法です。

 

 

自分本位な言動を見せすぎてしまったり、
否定的な発言や対応をしてしまうと
その分彼の気分も落ち込んでしまいやすいので、
常に笑顔を忘れずに接していきましょう!

 

 

3.別れ際にはしっかりと愛情表現を

 

ご存知の方も多いかとは思いますが、
心理学の中には
「ピーク・エンドの法則」と呼ばれるものがあります。

 

 

デートに当てはめて分かりやすく説明すると、
デート中の一番印象に残っている瞬間と
別れ際の印象で良くも悪くもデートの印象が決まる
のです。

 

 

もちろん、それ以外のことを
忘れてしまうわけではありませんが、
どういった印象を残せるかは
今後のデート頻度にも大きく関わってきます。

 

 

帰り道の途中で自分から手を繋ぐ
名残惜しそうに相手の目を見つめる
彼が見えなくなるまで見送る

こういった行動もかなり男性効果的なので、
別れ際まで気を抜かずに接してみてくださいね!

 

 

ここで紹介してきた3つのテクニックは
「会えた嬉しさや一緒にいられることの幸せさ、
会いたいと思っていた気持ちを直接彼に伝える」

そんなテクニックです。

 

 

ここがしっかり伝わるかどうかで
愛され具合も大きく変わってくるので、
ぜひチャンスがあったら使ってみてくださいね!

 

 

泊まりで出かける際の注意点とアドバイス

部屋でくつろぐ女の子

それでは最後に、

遠距離恋愛ではよくある
「お泊りデート」についての
お話をしていきたいと思います。

 

 

仮に日帰りでなんとか帰れる距離であっても
旅行などで泊まりになることはあるでしょうし、
かなり離れた場所に住んでいるのであれば
必然的に泊まりになるケースもきっと多いはず。

 

 

まず覚えておいてほしいのが、
どんな状況であっても
泊まりとなれば男性は少なからず期待してしまいます。

 

 

誤解を招かないためにも
簡単に補足をしておきますが、
これはもちろん
「体目的でデートに来ている」というわけではありません。

 

 

久しぶりに好きな人と会えるのであれば
関係を持ちたいと思うのは自然なことですし、
そういった願望を持つこと自体は
男性にとって極々自然なことなのです。

 

 

きっと女性にも同じような感覚はあると思いますが、
そういった関係になりやすい状況だからこそ
勢いや感情に任せた行動には注意しておきましょう!

 

 

実際に過去の相談の中でも

交際前に関係を持ち都合の良い女性になってしまった
断り切ることができず避妊なしで関係を持ってしまった

といったケースは比較的多く聞かれます。

 

 

関係を持つこと自体は悪いことではありませんが、
その場の流れや勢いに任せてしまった結果
思いもよらないトラブルが発生することもあるので、
その点にだけは注意をしておいてくださいね。

 

 

また、お泊まりデートは
比較的長時間一緒にいることになるため、
相手に居心地が良いと感じてもらうための気遣いや、
金銭的な面も含めたフォローも意識しておくべきです!

 

 

男性は一般的に
ついつい見栄を張ってしまいがちな生き物なので、
表面上は見せないかもしれませんが
意外と無理をしているケースも多く見られます。

 

 

相手にばかり負担をかけてしまえば
その日は良くても次回には必ず響いてくるため、
さりげなくフォローやサポートをしながら
なるべく普段を減らしてあげましょう。

 

 

こういった面さえしっかりと意識しておけば、
1日以上一緒にいられるお泊りデートは
お互いのことをより深く知り、
二人の関係をより深めていくこれ以上ないきっかけ
です!

 

 

特に夜も一緒に過ごすことで

今まで見えていなかった素の部分
これまで知らなかった意外な一面

なども見えやすい環境でもあります。

 

 

女性の場合は

すっぴんを見られて引かれたらどうしよう
素の自分を見せたら嫌われちゃうかもしれない

なんて不安も感じてしまいがちだと思いますが

 

 

案外好きな人であれば気にならないものですし、
逆に嬉しいと感じる人も多いのが男性です。

 

 

そこを気にするくらいなら
会いに来た価値があったと思える時間を作ろう
意識をしておいたほうが遥かに効果的なので

 

 

注意すべき点などには十分気をつけながら
彼にとっても自分にとっても
「一緒に過ごせて良かった!」と思える
素敵な時間をぜひ過ごしてきてくださいね!

 

 

今回の記事のまとめ

 

まとめ画像

いかがでしたか?

今回は遠距離恋愛の会う頻度や
デート中に関するアドバイスや注意点を
解説してきました。

 

 

繰り返しにはなりますが、
普段なかなか会えない二人だからこそ
一緒に過ごせる時間はお互いにとって大切な時間です。

 

 

  • 会う頻度は自分たちにとって最適なペースで
  • デートはお互いが楽しいと思える時間を目指す
  • 喧嘩やトラブルは極力避ける
  • 会っている間はたくさん愛情を表現する
  • 泊まりで期待してしまう男性の気持ちも知っておく
  • 勢いや感情に任せて関係を持たないようにする
  • 金銭面を含めて彼の負担を減らす気遣いを
  • 会いに来た価値があったと思える時間を目指す

 

 

様々な内容をお伝えしてきましたが、
どれも遠距離恋愛では
覚えておいて損はないものだと僕は思っています。

 

 

たまにしかない会える機会だからこそ
二人にとって幸せな瞬間であり続けられるように
一つ一つを大切にしながら
彼との時間を過ごしていってくださいね!

 

 

次のページでは、
遠距離恋愛における
結婚の決め手や同棲についての話を
お届けしていきたいと思います!

 

 

結婚の決め手とは?遠距離中のタイミングや同棲の段取り

 

 

遠距離恋愛やネット恋愛を成功させたい女性向け記事12選に戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top