教員が教え子を好きになる可能性と現実的な問題や障害とは

先生が生徒を恋愛対象として見てくれることってあるの?

生徒が恋愛対象になることはある?先生との恋を実らせるアドバイスと知っておきたい法律上の問題点。

先生と生徒の恋愛の実情と法律的な問題点のページ内容

 

ここでは、

学校の先生と生徒という間柄での恋愛について
具体例や実際の教員の声を交えながら
解説していきたいと思います!

 

一般的には禁断の恋なんて呼ばれるなど
マンガやドラマの中でだけだと思われがちですが、
実は「元教え子と結婚した」などの実例は
世の中を見渡していくと数多く存在するもの。

 

そこで今回は先生目線の心理や考え方はもちろん、
彼が抱えることになる法律的な問題点やリスクも交えつつ、
先生との恋を実らせるための現実的なアドバイスを
お伝えしていきますので参考にしてみてくださいね!


 

教師が教え子を恋愛対象として見ることはあるのか

廊下に座る仲良し女子二人組

マンガやドラマの中では

「先生と生徒の禁断の恋!」なんて
取り上げられたりすることもあるため、
憧れる人も人も少なくはありませんが

 

 

現実的に考えた時、
そもそも先生が教え子である生徒に対して
恋愛感情を持つなんてことはあるのでしょうか?

 

 

その答えを先にお伝えしておくと、
先生や生徒の年代にも影響はするものの
生徒を異性として好きになる先生は少なからず存在します。

 

 

立場的な問題や良いか悪いかは別として
一緒に学校生活を送る中で
生徒に対して恋愛感情を持ってしまうというのは
可能性として決して0というわけではありません。

 

 

実際に僕の知っている方の中にも
元教え子の方とご結婚された方もいらっしゃいますし、
絶対数こそ多くはないものの
恋愛に発展しているケース自体がないわけではないのです。

 

 

ただこれ、恋愛という観点だけで見れば
決して不思議な話ではありません。
年の差婚や職場恋愛といったものがあるように
年齢や立場を超えた恋愛は世の中には数え切れないほどあります。

 

 

そういった恋愛目線で考えた時、
「学校」や「先生と生徒」といった環境だけが
恋愛には発展しないと考える方が逆に不自然です。

 

 

さすがに小学生や中学生に対して
恋愛感情を持つ先生はいないと信じたいですが・・・
高校生や大学生ともなれば
何かのきっかけから恋愛感情を持っても不思議ではないのです。

 

 

ただ、もちろん先生には立場があります。
教師という仕事で生徒を預かっている以上、
どれだけ本気で恋をしていてもアプローチはほぼしません。

 

 

というよりも、
もっと正確に言うのであれば「したくてもできない」のです。

 

 

当たり前の話かもしれませんが、
在職中の教員と在校生の間で恋愛をすれば
必然的に様々な場所を巻き込んだ大問題になってしまいますし、
最悪の場合仕事も社会的地位も彼は失うことになります。

 

 

万が一その生徒から好意を示されていたとしても、
特定の生徒や保護者と親密になることを
固く禁じられている先生にとっては、
好きという気持ちだけで先に進むことはできないのです。

 

 

公立私立問わず
先生と生徒との私的な関係については、
原則厳しい処罰が下ることがほとんどです。

 

 

ぜひ先生に恋をしている人は、
気持ちはあっても恋愛だけに目を向けることはできないという
彼の立場もしっかりと理解してあげてくださいね!

 

 

実は生徒からアプローチを受けた経験がある人は多い?

浜辺でハートの風船を見つけた女の子

実は僕の知り合いには教員が多いため、

実は今回の記事を書く上では
実際に現役の先生たちに協力をしてもらい、
いろいろとお話を伺ってきたのですが

 

 

その中で知ったのは意外にも、
生徒からプライベートの誘いや告白など含めた
恋愛的なアプローチを受けた経験がある先生が多い
ということ。

 

 

もちろん全ての方が
そういった経験を持っているわけではありませんし、
今回お話を伺っている中では
アプローチに応えたというケースは耳にしませんでしたが

 

 

実際に現場の意見を聞いていくと、
特に高校生や大学生といった年代には
生徒が先生に恋をしてアクションを起こすことは珍しくないようです。

 

 

また、ここには少し偏りがあり、
圧倒的に女性教員に比べて男性教員のほうが
生徒側からのアプローチを受けた経験を持つ人の数が多い
とのこと。

 

 

これはおそらく冒頭でもお伝えした通り

少女漫画
ドラマや映画

といったものの影響もあるとは思いますが

 

 

それだけ先生に恋をした経験がある人はもちろん、
年上の男性に対して憧れや恋愛感情を持つ女性というのは
年代を問わず多いということでもあります。

 

 

特に学生さんの場合
必然的に比較対象が同年代の男性になることが多いため、
落ち着きや頼りがい、余裕があると感じる先生は
それだけで魅力的に見えてくることも多いもの。

 

 

更に女性は一度気になってしまうと

毎日のように顔を合わせるなどの接点がある環境
彼と他の生徒などとのやり取りを見て生まれる嫉妬や独占欲

といったものでどんどん恋愛感情は加速していきます。

 

 

女性は気持ちが大きくなれば大きくなるほど
恋愛に対して盲目になりやすいという性質があるため、
ダメ元でも気持ちだけは伝えたいという心理から
アプローチに踏み切る人も少なくはないのでしょう。

 

 

ただ、一つ目の項目でもお伝えした通り、
現実的なことを正直に言うなら
在学中に告白等のアプローチをしても成功率は限りなく0に等しいです。

 

 

もちろん可能性が絶対に0というわけではありませんし、
先生方と話をしてみると
告白やアプローチ自体は嬉しいという意見も多く聞かれます。

 

 

ですが、嬉しいという感情と
気持ちに応えられるかどうかはまた違いますし、
そのくらい「立場の壁」は大きいのです。

 

 

いきなりアプローチをして困らせてしまえば
その分先には繋がりにくくなってしまうため、
本当に先生とお付き合いがしたいのなら
彼のためにも初めから長期戦を覚悟しておきましょう!

 

 

法律的に見た問題点と背負うことになるリスク

分厚い本を読む女性

恋愛というのは本来

お互いの気持ちがあれば
自由にできるものです。

 

 

ですが、先生と生徒という
特殊な関係且つ年齢差もある状態では、
仮にお互いが恋愛感情を持っていても
全てが自由にというわけにはいきません。

 

 

これはなぜかと言うと、
年齢や関係の持ち方によっては
法律や条例に抵触する可能性があるからです。

 

 

全国の各都道府県には

青少年健全育成条例
青少年保護育成条例

などといった条例が定められています。

 

 

おそらく名前くらいは聞いたことがあると思いますが、
ここで問題になる点を分かりやすく言ってしまうと
18歳未満の人と性的な行為をするのはダメということ。

 

 

ここまでを読んで「お互いに恋愛感情があってもダメなの?」
と感じた人もいるとは思いますが、
保護者から認めてもらっている、またはすでに婚姻関係にあるなど、
かなりの真剣交際でないと違反だと判断される可能性は十分にあります。

 

 

もちろん、本当に真剣な交際であれば
この交際自体が罪に問われることはありません。
ですが、それを証明するのは非常に難しく
「保護者の認知」はかなり重要なポイントになってきます。

 

 

いくら当人達は真剣なつもりだったとしても
親御さん自身が相談・通報したことがきっかけで関係が発覚し、
そのまま「保護者に認められていない=淫行に該当する」と
判断されることも多くあるため安易に考えるのは危険です。

 

 

また上記の条例の他に
児童福祉法という法律も存在します。

 

 

児童という言葉だけを見ると
一見範囲が狭そうにみえるかもしれませんが、
法律的には「児童=18歳に満たない者」という意味です。

 

 

これも条例と同様
「18歳未満との性的な関係を持った」
または「性交に近しい疑似行為を行なった」際に
法律違反として罪に問われる可能性があります。

 

 

小難しい話なので簡単にまとめてしまうと、
いくら自分に恋愛感情があり同意もしていたとしても
状況次第では彼が逮捕・起訴される可能性があるため、
原則先生との恋は身体の関係が一切ない純愛のみしかNGということ!

 

 

当たり前の話ですが、
罪に問われれば彼が先生を続けることはできませんし、
「10年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金」という
非常に重たい処罰を受けることになります。

 

 

条件だけで恋の成否が決まるわけではもちろんありませんが、
先生が生徒と恋愛をするというのは
それだけ大きなリスクを背負っているということを
改めて理解した上で今後の動き方を考えてみてくださいね!

 

 

大好きな先生との恋を上手に実らせるために!

補修中におどけた顔を見せる女子生徒

ここまでは

やや否定的な内容ばかりになっていますが、
最後は恋を実らせるためのアドバイス
しっかりとお伝えしていきたいと思います!

 

 

ここまでの内容をしっかり読んでくださった方は
すでにお気づきだと思いますが、
先生と生徒という立場での恋を成立させるには
とにかく条件を揃える、または揃うまで待つことが最低限必要です。

 

 

大学生などの18歳以上の方であれば
法律上の問題はなくなってはくるものの、
学校側に「信用失墜行為」とみなされて
懲戒処分(解雇)などの処罰を受ける可能性もあります。

 

 

当然18歳未満であれば一つ前で説明した

各自治体の条例違反
児童福祉法違反

といった罪に問われる可能性も大いにあります。

 

 

だからこそ
最低限自分が18歳以上の年齢になるまで、
さらに可能なら卒業して先生と生徒の関係ではなくなるまで待つ

ということがまず最初に乗り越えるべき課題です。

 

 

ですが、もちろん長期間待ち続けるのは
決して簡単なことではありません。
様々な不安や焦りといった感情も出てくるでしょうし、
恋愛感情が抑えきれなくなる場面もあるかもしれません。

 

 

仮にそうなってしまったとしても安易に踏み出しすのは絶対にNG!
自分の感情や願望ばかりに目を向けてしまえば
彼に迷惑をかけたり困らせることにも繋がり兼ねませんし、
自分本位になればそれこそお付き合いできる可能性がガクッと下がります。

 

 

それでももし、どうしても気持ちが抑えられない場合は、
アプローチ前に保護者の方からの承諾をもらっておきましょう。
先生と生徒の関係のまま恋愛を進展させるのなら
最低限この条件は満たしておく必要があることを覚えておきましょう。

 

 

ちなみにアプローチの仕方としては
彼(先生)に自分を意識をさせることを目標に行うのが
最も効果的且つ成功率が高くなります。

 

 

分かりやすく言うならば、
いきなり「好き」とストレートに伝えるのではなく、
「もしかして俺のこと好きなのか?」くらいの感覚を
彼に与えるくらいが一番相手を意識させやすいのです。

 

 

あえて断られる覚悟で告白をするという方法も
アプローチの仕方としてなくはないのですが、
彼の立場的にも男性の恋愛心理的にも
時間をかけて意識させたほうが最終的な成功率は上がるのです!

 

 

そのため

在学中はお付き合いをするための下準備
卒業後18歳を超えたら本格的なアプローチ

こういった感覚を持つと上手くいく確率がグッと高まります。

 

 

もちろん接点がなくなってしまえば
アプローチの手段もなくなってしまうため、
彼が「転勤」や「退職」をするというケースでは
臨機応変に連絡先の交換などを先に行う必要も出てきますが

 

 

実際に元生徒さんと結婚した方々に話を聞いてみると

  • ちゃんと自分の立場のことも考えて待ってくれていたから
  • 卒業まで一途に好きでいてくれたことに本気さを感じたから
  • 自分よりも相手のことを優先できる優しさや強さに惹かれたから

という理由でお付き合いに発展しているケースが特に多いです。

 

 

先生と生徒という特殊な関係だからこそ、
大人の事情を理解してくれていたことも
一生懸命自分のことを考えてくれていたことも、
ちゃんと彼は見てくれているものです。

 

 

かなり大変かもしれませんが、
先生とのお付き合いを実現させるためにも
「彼のことを優先して考える」という姿勢を
忘れないようにしておいてくださいね!

 

 

そして最後に、
当たり前の話ではありますが
仮にどれだけ好きになったとしても
彼が既婚者なら論外です!辛いですが諦めましょう。

 

 

絶対に幸せになれない恋に
学生の頃から時間を費やすのは勿体ないですし、
万が一関係を持てば
あなたも処罰の対象になるリスクが出てきます。

 

 

自分の恋愛事情や家庭事情を
具体的に学校で話す先生は少ないと思うので、
事前に彼の状況を把握しておくこと
必要且つ重要だと覚えておいてくださいね!

 

 

今回の記事のまとめ

 

まとめ画像

いかがでしたか?

今回は先生と生徒の恋愛について
先生側の本音やリスク、
恋を実らせる上でのアドバイスなどをお伝えしました。

 

 

先生と生徒の恋というのは、
先生と生徒という関係性が残っている状態だと
文字通り「禁断の恋」と言えるほどのリスクが存在しています。

 

 

ただし、
絶対に成立しない恋ではありません。

 

 

先生との恋を上手く実らせるためにも

 

  • 先生が生徒を恋愛対象と見る可能性は0ではない
  • 生徒からアプローチを受けた先生の気持ちを知っておく
  • 法律的な問題点と彼へのリスクを理解しておく
  • 恋愛を実らせるための条件をしっかり把握しておく

 

など、今回お伝えしてきた内容を
しっかりと頭に入れつつ接していきましょう!

 

 

彼がすでに既婚者である場合は
辛くても諦めるべきではあるものの、
相手が独身だということならば
過去に成功例はいくつもあるというのが事実です!

 

 

どうしても恋愛感情を持つと
気持ちが逸ってしまうものですが、
彼と恋愛しても大丈夫な関係性になるまで
決して焦らずに行動するようにしてくださいね!

 

 

次のページでは、
今回のテーマをより具体的にしながら
年代別の先生へのアプローチ方法などを
細かく解説していきたいと思います!

 

 

【中学・高校・大学別】先生を好きになった時にすべきこと

 

 

先生が好き!諦めることができない恋への対処法とアドバイスに戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top