教師が恋愛感情を持った時に見せる言動と距離の縮め方

先生が保護者に見せる好意のサインから両想いかを判断!

両想いかを判断したい!先生と保護者の恋愛における好意のサインや脈ありサイン

両想いに近づく先生から保護者への好意のサインの見極め方のページ内容

 

ここでは

学校の先生と保護者の恋愛について、
先生が見せる好意のサインや
魅力を感じる女性の特徴などを解説していきます。

 

先生も一人の人間に変わりはないため
脈ありかどうかの判断ができないわけではありませんが、
立場上表立ったアピールができるわけではないため
見極めていくのはかなり難易度が高いです。

 

今回はそういった先生側の本音はもちろん、
保護者側からアピールする際の注意点やアドバイス、
両想いになり交際に踏み切る前に考えておくべきことなども
合わせてお伝えしていきたいと思います!


 

教師が思わず魅力を感じてしまう保護者とは?

両手に花びらを持つ女性

「先生と保護者が両想い」

なんて聞くとマンガやドラマの中だけでは?と
感じる人もいるかもしれませんが、
実際にそういった恋の形も実在します。

 

 

もちろんお互いの立場上
かなり稀なケースとは言えますが、先生も保護者も一人の人間である以上
決してあり得ない話ではないのです。

 

 

では具体的に、
どういった女性を目の前にした時に
先生側が思わず異性として意識をしてしまうのか
チェックしていきましょう!

 

 

そもそも先生というのは、
子供たちと触れ合う機会はたくさんあっても
その親御さんたちとの接点はほとんどありません。

 

 

もちろん学校の行事として

授業参観や運動会(体育祭)
家庭訪問や三者面談

といったものはありますが、逆に言うとその程度の機会しかないのです。

 

 

このように接点が少ないという状況では
第一印象がかなり大きな鍵を握ってくるため、
魅力を感じるかどうかの最重要ポイントは容姿(見た目)になります。

 

 

「結局見た目なのか!」と感じた方もいるかもしれませんが、
コミュニケーションを取る機会がほとんどなく
内面を知ることも難しい環境の中では、
初期の段階では見た目しか判断基準がありません。

 

 

実際に知り合いの男性教員たちに話を聞いてみたところ
大きく分けると「ああ、この人はお母さんだな」と感じる女性と
「え?本当にこの人がお母さん?」と疑ってしまう女性の
二つのパターンが存在するとのこと。

 

 

たくさんの保護者の方々と向き合っている先生だからこそ
余計にそういった部分には敏感なのかもしれませんが、
母親であると同時に一人の女性であることを忘れていない女性には
異性としての魅力を感じてしまう先生が多いようです。

 

 

ただ、見た目に関しての話の中で
「気合いを入れ過ぎているお母さんには引いてしまう」といった意見も、
実際にお話を伺っている中では非常に多く耳にしました。

 

 

例えばですが

服装や髪形が派手
化粧や香水等の匂いが濃い

といった女性にはあまり良い印象は持たないようです。

 

 

あくまでも子供を主役として考えつつ、
一歩引いた立ち位置から
周囲への気遣いや笑顔を絶やさない物腰の柔らかい女性
好まれる傾向にあるので意識しておきましょう!

 

 

「学校の先生から好意を持たれたい」と聞くと
なんだか特別なことが必要なようにも感じますが、
実際には「先生という仕事をしている」というだけで
一般的な男性達と恋愛観に大きな差があるわけではありません。

 

 

だからこそ恋愛の初心に返り、
日頃から魅力的な女性であり続けるための意識を持つこと
先生から好かれるための一番の近道になりますよ!

 

 

ただ、普段生徒たちの素行を見ている先生たちは
意外と保護者の細かな部分にまで目を向けているものです。
その時だけ背伸びをして頑張ろうとすると
それが違和感として見抜かれるケースもあるので注意しておきましょう!

 

 

先生がさりげなく見せる脈ありサインをチェック

夕日をバックに手を繋ぐ男女

では、実際の現場では

好意を持ってしまった保護者の方に対し
先生たちはどういった好意のサインを
見せているのでしょうか?

 

 

そもそも先生を含む教育者という立場では、
原則生徒や保護者との恋愛は禁止されています。
当たり前と言えば当たり前の話なのですが、
お仕事としてそういう立場にいる人達なのです。

 

 

だからこそ、仮に好意を持ったとしても
露骨にアピールする人はまずいません。
簡単に見落としてしまうような小さなサインしか出してこないということは
予め理解をしておきましょう。

 

 

それでは早速、
先生が見せることの多い好意のサインを
3つ紹介していきたいと思います。

 

1.視線を送る回数が多くなる

これは一般的に人間が見せる
好意を示すサインの一つなのですが、
男性は特に視線を送りやすいという特徴を持っています。

 

 

もちろん、1対1で話す時は仕事柄目を合わせることが多い先生ですが、
複数の保護者が集まるような環境の中で
目が合ったり視線を感じることが多いなら脈ありサインの可能性が高い
です!

 

 

意識をしていればいるほど

無意識に目線を向ける
視界の中に入れておこうとする

といった傾向が強くなるので、視線はチェックしておきましょう!

 

 

2.名前を呼ぶ(声をかける)ことが増える

地域差も多少なり関係はしてくるものの、
一般的に先生は同時に何十人もの生徒を受け持ち、
且つ毎年のように受け持つ生徒が変わることがほとんどです。

 

 

その中でほぼ毎日顔を合わす生徒さんは
必然的に顔と名前が一致していきますが、
なかなか全ての生徒の親御さんまで完全に把握するのは難しいもの。

 

 

ですが、当然のことながら
好意を持っている保護者のことは絶対に覚えます。
意識をしているからこそ誰の親御さんなのかはもちろん、
顔や声、会話の内容といった情報をほとんど忘れないのです!

 

 

特に先生側から出来るアプローチはかなり限られてくるため、
せめてもの「覚えていますよ!」というアピールを込めて
名前を呼ばれたり声をかけられることが多くなっていきます。
これも脈ありサインの一つとして覚えておきましょう!

 

 

3.お子さんと仲良くしようとする

これは先生という立場ならではの
脈ありサインとも言えますが、
意外と好意を持っている女性のお子さんと
仲良くなろうとする人は多いもの。

 

 

現実問題として自ら接点を作ることが難しい以上、
お子さんとの関係性を通して印象を良くしたり、
接点を増やすきっかけを作りたいという心理が働きやすくなる
のです。

 

 

これは実際にその現場を目にすることは少なく
あくまでもお子さんからの話でしか知ることができない情報ですが、
保護者に好意を持つ先生がついついやってしまいがちな行動なので
頭に入れておいて損はありません。

 

 

例えばお子さんから
「今日先生とお母さんの話をしたよー」なんて話を聞いたら、
もしかしたら彼なりのアピールなのかもしれませんよ!

 

 

今回は特に先生が見せることの多い
好意を示すサインを解説してきましたが、
内容を見てもらっても分かる通り
正直なところ見極めるのは非常に難しいというのが本音です。

 

 

ただ、アピールをするチャンス自体が少ない分、
直接会う機会などにはさりげなくサインを出していることも多いので、
気になる方はぜひ注意深く観察してみてくださいね!

 

 

こちらから好意を見せる際の注意点とアドバイス

スマホとにらめっこする女性

それでは次に、

保護者サイドから好意のサインを出す時の
アドバイスや注意点についてを
解説していきたいと思います。

 

 

お互いにアプローチがしにくい状況を考えると、
恋愛関係に進展させていくためには
どうしてもこちらからのアピールも必要になるもの。

 

 

ただ大前提として
周囲に悟られるような露骨なアピールは絶対にNG!

 

 

もちろん、お子さんが絡む関係性だからこそ
あまりオープンに好意を見せる人はいないと思いますが、
周りに勘付かれてしまうような状態になれば
お互いにとってデメリットの方が大きくなってしまいます。

 

 

例えばですが

変な噂が流れてしまう
関係性を誤解される

こういった状態になってしまえば恋愛どころではありません。

 

 

自分だけに影響があるならまだ良いですが
彼や子供にも大きな影響を与えてしまうリスクがあるため、
必ず周りにバレる可能性のあるものは避けるようにしておきましょう。

 

 

そうやって考えていくと、
実は一つ前の項目でお伝えしてきたような
アピール方法しか実際にはほとんど残っていません。

 

 

ただ一つだけ違うのが、
先生側から保護者に向けたメッセージは送れないものの、
保護者側からであれば工夫次第では
彼に対してのメッセージを送ることも出来る
ということです。

 

 

例えばですが

面談や家庭訪問時に感謝の気持ちとして軽い贈り物をする
提出物や連絡帳などにちょっとしたメッセージを添える

こういったアプローチをすること自体は不可能ではありません。

 

 

もちろん形式上は
日頃子供がお世話になっているお礼などがメインになるものの、
そういった気遣いの中に少しずつ好意を滲ませるというのも
アピールの方法としては有効な手段になります。

 

 

彼も好意を持ってくれている確証があれば別ですが、
こちらから好意を見せることが
相手にとっての迷惑やリスクになる可能性もあるため、
時間をかけて少しずつが先生へのアピールの基本です!

 

 

恋愛感情が先行すれば先行するほど、
お互いにとっての不利益や
お子さんへの影響が大きくなってしまうので、
しっかりと感情のコントロールをしながら挑戦していきましょう!

 

 

両想いになってからが本当の勝負所な理由とは?

手渡された一輪の花

一般的な恋愛とは異なり、

「両想いになった=交際スタート」
というわけにはいかないのが、
先生と保護者の恋でもあります。

 

 

というのも、
あくまでも彼とお子さんとの間に
先生と生徒という関係性がある以上、
安易にお付き合いを考えることはできないのです。

 

 

いくらお互いに想い合っていたとしても
彼にとっては生徒の保護者との恋愛。
万が一にも周囲にバレるようなことがあれば
彼は先生という立場上処罰を受けることになります。

 

 

教育の現場において
特定の生徒、及び保護者と懇意になることは、
誰もが認識しているほどの禁じられた行為です。
実際に罰則自体もかなり厳しいものになります。

 

 

公立か私立かにもよりますが

担当クラスや学年を外される
急な人事異動の対象になる
懲戒免職(解雇)になる

といった形になることがほとんどです。

 

 

先生側からしてみれば
教師という仕事を失うリスクを覚悟しなくてはならない恋愛のため、
両想いだとお互いが認識していたとしても
交際には踏み切れないケースもあることは理解しておきましょう。

 

 

また、もう一つ無視することができないものが
お子さん(生徒)に与える影響についてです。

 

 

子供の卒業前であればもちろんのこと、
仮に卒業や彼の転勤などで
直接的な関係性がなくなっていたとしても、
子供にとって彼は学校の先生であることに変わりありません。

 

 

その人が自分のお母さんの恋人になると知れば
当然強いショックを受けたり拒絶する子達も出てきます。
一人の女性であると同時に母親である以上、
子供の理解を得られなければ交際への発展、維持は出来ないのです。

 

 

また、お子さんの年齢にもよりますが
大人の立場や周囲への影響についてを
しっかりと把握し切れている子供は決して多くはありません。

 

 

そのため、お友達などに対して
「お母さんと先生はすごく仲が良いんだよ!」などと
何の悪気もなく子供が言ってしまったことから
隠していた関係が公になるというケースも実在します。

 

 

周りにバレないことが大前提のお付き合いになるからこそ
表立ってデートをすることも誰かに相談することも難しく、
常に様々な面に気を回しながら交際を進めていくことになるため、
むしろ両想いになってからの方が悩むことが多くなる恋愛でもあるのです。

 

 

両想いになれた時点で
一先ずのゴールを迎える一般的な恋とは異なり、
先生との恋は両想いから交際に発展するまでや
恋人同士になれた後にも様々な障害が待ち受けています。

 

 

しっかりと二人の間に話し合いの場を設けつつ
お互いの立場をきちんとわきまえた上で進めていかないと
あっという間に関係が破綻してしまう可能性も高いので、
両想いになってからが本番くらいの意識は持っておいてくださいね!

 

 

今回の記事のまとめ

 

まとめ画像

いかがでしたか?

今回は先生が見せる好意のサインや
保護者側からアピールする時の注意点などを
具体的に解説してきました。

 

 

最後まで読んでくださった方は
もうお気づきかもしれませんが、
先生と保護者との恋愛では
両想いになっても気付かずに終わるケースも多いです。

 

 

そのくらい脈ありサインも出し難く
好意のアピールもし辛い環境のため、
本来なら上手くいっていたはずの恋が
進展しなかったということも決して珍しくはありません。

 

 

だからこそ、
先生とのお付き合いを本気で目指すのであれば

 

  • 先生が異性としての魅力を感じる保護者の特徴
  • 先生側がこっそり見せている好意のサイン
  • 保護者サイドからできるアピールの方法と注意点
  • 両想いになってからも気を抜けないという現実

 

こういった今回お伝えした内容を
まずはしっかりと頭に入れておきましょう!

 

 

また、現実的なことを考えるなら
お付き合いやアプローチをする上では連絡先の交換がほぼ必須です。

 

 

公の場以外のところで
コミュニケーションを取れるようになれば、
その分リスクも難易度も下げることはできるので
最初は連絡先の交換から目指すのもオススメですよ!

 

 

とにもかくにも先生との恋は
自分の恋愛感情よりも相手の立場を優先することが
非常に求められる恋愛にはなるので、
前のめりになり過ぎないように注意していきましょう!

 

 

次のページでは、
保護者ではなく生徒に対する
先生の恋愛事情や本音などについてを
解説していきたいと思います!

 

 

先生にとって生徒は恋愛対象になる?法律上の問題点とは

 

 

先生が好き!諦めることができない恋への対処法とアドバイスに戻る

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top