ついつい相手と揉めてしまった時に役立つ情報を紹介!

仲直りの方法を覚えておこう!喧嘩になった時の対処法

喧嘩になった時に試したい!彼と仲直りをする方法を紹介!

喧嘩の時に役立つ仲直りの方法についてのページ内容

 

ここでは

彼氏と喧嘩になった時に
仲直りをするための方法や意識について
解説していきます。

 

付き合っている相手がいれば
喧嘩をすることも当然出てきますよね?
喧嘩をしたいと思う人はいないと思いますが
これも二人の仲を深めるきっかけの一つ。

 

どんなことに注目していけばいいのか
喧嘩を大きくしない為に気をつけるべきことは何か
具体的な仲直りの方法でオススメなのはどんなやり方か
といった部分を詳しく紹介していきます!


 

まずは原因を正確に把握すること!

腕を組んで考える黒髪ショートの女性

付き合っていれば

彼氏と喧嘩になる
ということもきっとありますよね!

 

 

決して嬉しいことではないですが、
ある程度は仕方がないことですし、
解決しないと当然先には進めません。

 

 

ちなみに喧嘩というものには、
必ずどこかに原因が存在します!

 

 

何を当たり前のことを・・・
と思っている人もいるかもしれませんが、
これが仲直りするためには非常に大切なこと。

 

 

彼は何が気に入らなかったのか
どうして相手は怒っているのか

という部分を考えられるかどうかで、
仲直りのスピードは大きく変わってきます。

 

 

そういった意味でも
喧嘩になった理由やきっかけを正確に把握する
ということの大切さを
まずはしっかり覚えておきましょう!

 

 

これは自分が怒っている場合でも同じです。

何に対して自分は怒っているのか
解消するためには何をどう改善すべきなのか

といったことを理解できれば

 

 

相手に自分の気持ちを伝えやすくなりますし、
具体的な解決策を考える上でも
非常に役に立ちます!

 

 

意外とやってしまう人が多いものの中に、
とりあえず仲直りするために意味も分からず謝る
といったものがありますが、
これはかえって逆効果になる可能性が高いです。

 

 

喧嘩になったそもそもの原因を把握していなければ、
同じような過ちを繰り返す確率は上がりますし、
適当に謝ったことは意外と相手にすぐバレます。

 

 

それに加えて、
そもそも根本的な解決にはならないので、
あくまでもその場しのぎにしかなりませんよね!

 

 

喧嘩をした際に大切なことは
同じ内容での喧嘩を繰り返さないようにすること。

 

 

そのためにも
一つ一つ内容を確認して、
次は同じ失敗をしないようにするという
意識をしっかりと持つようにしておきましょう!

 

 

やってはいけない対応を覚えておこう

背中合わせで俯く喧嘩中のカップル

喧嘩になった時の対応で

やってはいけないことというのは
実際に数多くあります。

 

 

揉めている時というのは
どちらも感情的になっていることが多く、
冷静に判断できない状況に
陥ってしまうことも少なくありませんよね!

 

 

そこで今回は、
喧嘩を大きくしない為にも避けたい対応
という部分に焦点を当てて、
やってしまいがちなNG対応を5つ紹介していきます。

 

 

1.自分の非を認めない

喧嘩をしている時に多いのは
意地になってしまい、
自分が悪いことを認めようとしないという状況。

 

 

仮に謝ったとしても
はいはい、私が全部悪いんですよすいません
なんて言い方をしてしまうと、
火に油を注ぐ形になるので絶対に避けましょう!

 

 

2.もういい帰る!と途中放棄する

彼は私のことを全然分かってくれてないし、
今これ以上話しても仕方ないから帰る!
なんて気持ちになった経験はありませんか?

 

 

途中で帰るということは逃げ出すことと同じです。
相手が暴力を振るってくるなど
身の危険を感じた場合は逃げるべきですが
そうでない場合は余計に悪化することが多くなります。

 

 

喧嘩が長期化する可能性も高くなるので、
可能であれば解決にまでは至らなくても、
ある程度相手が言いたいことを言い終えるまでは
その場で話し合うようにしましょう。

 

 

3.相手を頭ごなしに否定する

喧嘩中はカッとなってしまい
つい相手を頭から否定してしまいがちです。

 

 

でも冷静になって考えてみれば
喧嘩になっている以上意見が違うのは当たり前で
それを理解してもらうために喧嘩しているわけですよね。

 

 

まずは相手を理解する姿勢を見せないことには
相手も余計にヒートアップしていくだけなので、
極力避けるべきだと覚えておきましょう。

 

 

4.言葉遣いが乱暴になる

お互いが熱くなってしまっているほど
汚い言葉やキツい言い方というのは
ついつい出てしまうもの。

 

 

ただ相手がどんなに怒っていても
どんなに汚い言葉遣いになっていても
言葉だけはしっかり選ぶようにしておきましょう!

 

 

喧嘩の時の記憶は残りやすく、
普段とのギャップがあればあるほど
相手の記憶にはより深く刻まれることになるので、
仲直りできた後も印象は悪いままなる可能性があります。

 

 

5.過去の話は持ち出す

これも実際多いのですが、
ついつい「あの時もこうだったよね!」なんて
昔の話を引っ張り出してしまいがちです。

 

 

過去の話を一度持ち出してしまえば、
相手も同じように引き合いに出してきますし、
今している喧嘩とは違う原因での喧嘩を誘発します。

 

 

更に火種を増やしていってしまえば、
当然その分仲直りも遠くなっていくので
今の問題に集中するようにしましょう。

 

 

足早に紹介してきましたが、
どれも経験がある人が多い内容だと思います。

 

 

喧嘩が大きくなるほど仲直りも難しくなるので
どんなにイラッとしても
避けておくべき部分は忘れないようにしてくださいね!

 

 

気持ちを落ち着かせるのには時間も必要?

懐中時計を手に持つ女性

喧嘩になってしまった時は、

基本的にはその場で解決する
ということを心がけるのが
関係を維持するためには望ましいです。

 

 

ただ内容によっては
どれだけ話し合いをしても、
全く解決をしないという場合も
少なからず存在するものです。

 

 

その場合は無理をせず
少し時間を空けるというのも解決には効果的!

 

 

これはなぜかと言うと
ヒートアップすればするほど
冷静さがなくなり判断能力が鈍ってきてしまうから。

 

 

同様に長時間話し合いをしすぎても、
疲れから判断力が低下してしまい、
よくわからない方向に話がいってしまいやすくなります。

 

 

一度持ち帰って改めて考えてみれば、
なんでそんなに怒っていたのかと思ってしまうようなことでも
その場ではお互いが意地を張ってしまい
大きな喧嘩になっていることも実は少なくありません。

 

 

そういった意味でも
その場では収拾がつけられない状況であれば、
時間を置くことも視野に入れましょう。

 

 

特に彼が激しく怒っている場合など、
どうにも自分の意見が聞き入れてもらえない場合は
一時的にとにかく相手の意見を聞くことに徹し
まずは一旦その場をおさめることも必要!

 

 

熱くなっているとつい言い過ぎてしまうこともあるが、
時間が空くことで彼も冷静さを取り戻し
言い過ぎたことへの罪悪感などを感じやすいので、
話がまとまりやすくなる場合も多いです。

 

 

ただ一つ注意点として、
一つ前の項目でも書きましたが、
時間を空けるということは
途中放棄して帰ることとは違います!

 

 

あくまでもその場で収拾がつかない場合に
冷静さを取り戻すための方法なので
そこをはき違えないように気をつけておきましょう。

 

 

もし自分が熱くなってしまい
感情をコントロールできなくなった場合は
今は冷静に伝えられないから頭を冷やす時間が欲しい
などと伝え相手の理解を求めるようにしてくださいね!

 

 

効果的なやり方と非常に大切なこと!

草むらの中で手を取り合う恋人

ではこのテーマの最後に

効果的な仲直りの方法と
その際に大切なことについて
解説していきたいと思います!

 

 

まずは
仲直りの方法について
3つ紹介していきます。

 

 

1.必ず言葉にして相手に伝えよう!

基本的なことですが、
自分に非があった場合は
必ず自分の口から謝罪の言葉を伝えるようにしましょう!

 

 

なんとなく口では言いづらくて
LINEやメールでという人もいますが、
文章だとあらぬ誤解を招く可能性もありますし、
無機質になる分反省が伝わりにくいという特徴があります。

 

 

本来の言葉の意味をしっかりと伝えるためにも、
面と向かって自分の声で相手に伝えることで
表情やトーンなどでも表現することができ、
より正確に想いを理解してもらうことができます。

 

 

またその場合に
手紙を用意しても渡すのも効果的!

 

 

自分の手で書いたものを直接渡すことで、
気持ちが伝わりやすくなる効果があると同時に、
愛情表現にも繋がるので個人的にはオススメの方法です!

 

 

2.相手に謝る機会を作ってあげよう!

原因を把握したうえで、
仮に自分は全く悪くなかったとしても
喧嘩をした以上謝ることというのは必ずあるはず。

 

 

気持ちを理解してあげられなくてごめん
あの時あんな言い方をして反省してる

といったように小さなことでも構わないので
こちらから相手に謝る姿勢を見せてあげてください。

 

 

そうすることで
相手も素直に自分の気持ちを表現しやすくなり
スムーズに謝ることができるようになります。

 

 

それと同時に
あなたの優しさや器量の大きさ伝えることもできるので、
彼が惚れ直すきっかけになる可能性もあります!

 

 

3.素直になることは忘れないようにしよう!

喧嘩というのは根本的な話をすると
相手に自分のことを理解してほしいという
気持ちの表れでもあります。

 

 

喧嘩=怒り
といったイメージが強い人も多いと思いますが、
実際その意味をよくよく考えてみると
理解してくれないことへの怒りがメインであることがほとんど。

 

 

心理的な話になってきますが、
人は素直な気持ちをぶつけてもらうことで、
相手の理解しようとする意志や姿勢を
無意識に感じやすい傾向があります。

 

 

仲直りした上で喧嘩前よりも良い関係を作るためには、
まずはあなた自身が自分の気持ちに素直になり、
飾らない言葉で向き合うことも非常に効果的だと言えます!

 

 

そして次に
仲直りの時に大切なことについて
二つお伝えしていきます。

 

 

喧嘩をした時に感謝するというのは
きっとあまり馴染みがない人が多いですよね!

 

 

考え方次第な部分はありますが、
もちろん内容によっては違う場合もありますが、
多くの場合喧嘩になったということは
相手が自分のことを真剣に考えてくれた証でもあります。

 

 

自分と真剣に向き合ってくれたことへの感謝
喧嘩を経験しても一緒にいてくれることへの感謝

そういった気持ちを
喜びとして相手に表現してあげることも大切です。

 

 

喧嘩をすれば当然
相手も不安になっていることが多くなります。
それを解消してあげると同時に
彼の気持ちも深まることが多いので意識してみましょう!

 

 

それともう一つ。
喧嘩が収まった後は
愛情表現も忘れずにすることが大切!

 

 

愛情表現というのは
カップルの仲直りの印のようなものです。

 

 

いくら円満に解決したとしても
喧嘩をした直後というのは気まずさが残ったり、
どう接していいのかわからなくなることも少なくありません。

 

 

そんな時に彼女の方から愛情表現をしてあげると
彼の気持ちも一気に楽になることが多いですし
喧嘩をきっかけにより二人の絆を深めるためにも
そういった切り替えも非常に重要!

 

 

様々な方法を紹介しましたが
どれも決して難しいことではありません。

 

 

その時の自分たちに合った方法で、
上手に仲直りをしていくことができれば
喧嘩前よりも素敵な恋人同士になれるはずですよ!

 

 

彼氏と喧嘩になった時の仲直りの方法【まとめ】

 

まとめ画像

いかがでしたか?

今回は彼氏と喧嘩した時に
役立つ情報と仲直りの方法について
解説しました。

 

 

喧嘩=良くないこと
なんて認識がある人もいますが
二人が上手くやっていく為には時には喧嘩も必要です。

 

 

  • しっかりと原因を把握する
  • やってはいけない対応を覚えておく
  • 冷静になれない時は時間を空ける
  • 相手を理解しようとする気持ちを忘れない
  • 状況に合った仲直りの方法を選択する

 

 

といったことを意識しながら
彼への愛情表現も忘れないようにしてくださいね!

 

 

次のページでは
目移りする男性の特徴や心理から、
そんな人の見分け方までを
詳しくお伝えしていきたいと思います!

 

 

浮気をする男の特徴や繰り返す人の心理と見分け方について

 

この記事の作成者

この記事を書いた人

恋愛心理アドバイザー 水谷圭吾

豊富な相談経験と恋愛や心理の知識を活かし、 年間500名以上の女性の恋愛をサポート。 気持ちや心理の分析に長けており、数多くの成功事例を持つ。
それぞれの悩みに寄り添ったアドバイスと持ち前の話しやすさから、 リピート率が8割を超えるなど相談者からの信頼も厚い。

>>詳しい自己紹介はこちら<<


LINE:水谷圭吾official line@
Facebook:mizutanikeigo.official
Twitter:@mizutani_keigo
週刊メルマガ:恋愛ワンポイントアドバイス


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top